01« 2018 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

「記憶に残る作詞家」北山修(きたやまおさむ)は時代が生んだオピニオンリーダーです! 

 「戦争を知らない子供たち」「あの素晴しい愛をもう一度」「風」などで知られるきたやまおさむ(北山修)のデビュー50周年記念作品集「ふり向けば風」がリリースされました。そこに書いた私のライナーノーツを紹介したいと思います。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2018/01/18 Thu. 17:35 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

小室等が今、あえてなぜプロテストソングを歌うのか? 

今や時代は憲法改正へと向かっています。集団的自衛権の問題もあります。尖閣諸島や竹島、北朝鮮、従軍慰安婦問題、さらにはテロとの戦いも抱えています。しかし、それと戦う「歌」がないのです。
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2017/11/13 Mon. 18:39 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

「従来の〈聴かせる歌姫〉の女王に、ファッションで見せる新しい女王が加わった西野カナのドームツアー!」 

百聞は一見に如かず、と言いますが、コンサートにも同じことが言えます。他人からどんなに説明されても、自分の目で見、耳で聴き、心で感じてみないと、その本質はわからないものです。
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2017/11/08 Wed. 16:57 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

〈昭和歌謡〉ブームの次に来る波は〈平成GS歌謡〉である! 

 かつて〈GS〉全盛時代にザ・ベンチャーズが作曲をして大ヒットした〈GS〉と〈歌謡曲〉を折衷したような〈GS歌謡〉ともいうべきものに、渚ゆう子の「京都の恋」「京都慕情」、欧陽菲菲の「雨の御堂筋」、和泉雅子&山内賢の「二人の銀座」、奥村チヨの「北国の青い空」などがあります。なぜ〈ベンチャーズ歌謡〉がヒットしたのか?それはベンチャーズという外国人が見た日本や日本人の美しさ、魅力が最大限に表現されているからです。たとえば「京都の恋」では外国人から見た京都の素晴らしさが描かれているので京都の魅力が最大限にデフォルメされているのです。ということは、京都の魅力が凝縮されていることに他なりません。換言すれば、ベンチャーズは“あらまほしき”日本及び日本人を表現していたからこそ、たくさんの人たちのハートをつかむことができたのです。
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2017/11/07 Tue. 21:24 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

良質な音楽書はアーティストや歌を深く理解するためのテキストです! 

 良質な音楽書はアーティストや歌をより深く理解するためのテキストとなります。そんな良質な音楽書を5冊紹介したいと思います。
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2017/10/23 Mon. 19:46 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。