01« 2008 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

<同窓会パーティー>の盛況は、“音楽を熱く語る”場の復活です! 

 2006年9月23日に行なわれた『吉田拓郎&かぐや姫 コンサート・イン・つま恋2006』は、約3万5千人のファンを集めて大成功に終わりました。この31年ぶりの『つま恋コンサート』が起爆剤となって、中高年に再び“フォーク・ブーム”が起こりつつあるようです。『つま恋コンサート2006』で拓郎、かぐや姫の元気な姿を見て「僕(私)もまだできる」と思った人はたくさんいるはずです。
 かつてフォークは“若者たちの歌”でした。あの“黄金のフォーク・ブーム”(72年から79年ごろ)から30年程が経ち、かつての若者たちは中高年となり、07年からは団塊の世代の一斉退職が始まりました。定年後の人生をどう生きるのか?が大きなテーマですが、そんなときに31年ぶりの『つま恋コンサート2006』は“あの頃の自分”を思い出させてくれたのでした。『つま恋コンサート2006』によって、私たちは31年前の『つま恋コンサート1975』時代にタイムスリップしてしまいました。そして“あの頃のぼく”に出会ったのです。その結果、現在の私と“あの頃のぼく”がなりたいと思っていた私、との間の微妙な“人生のズレ”を改めて認識してしまったのです。
 アーティストたちも、初めて音楽を志した頃の自分がめざした自分と、現在の自分との間のズレに悩んでいます。その“人生のズレ”はアーティストとファンとの共通のテーマです。31年ぶりに共通のテーマを見つけたアーティストとファン、これが現在の“フォーク熱”の源流なのです。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2008/02/27 Wed. 18:11 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

人様の“地雷”を踏まないようにするには、常に冷静に謙虚に、そして賢明に自分を律する姿勢が大切です! 

〈覆水盆に返らず〉という格言があります。「離婚した夫婦の仲は、再びもと通りにならないこと。一度失敗したことは取り返しがつかないたとえ。太公望が、若いころ貧乏なのに読書ばかりしていたので、妻が離縁して去った。後に出世して諸侯となった時、去った妻が再婚を願ったが、太公望は盆に入っている水をこぼし、その水をもとに返すことができたら、願いを聞いてやろう、といって断ったという故事」(「実用ことわざ慣用句辞典」三省堂刊)に基づいている。ちなみに英語では〈It is no use crying over spilt milk〉(こぼれたミルクを嘆いてもしかたがない)と言う。
 気をつけなくてはならないことは〈覆水盆に返らず〉というピンチは常にあるということです。
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2008/02/18 Mon. 15:23 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

「私、わがままですか?」と相手に尋ねられたら、あなたは“わがまま”の一歩手前です! 

「私って、わがままですか?」と相手に尋ねられたとき、当事者として、どう答えたらいいでしょうか?
 もちろん、“わがまま”以外の何者でもなかったとしたら、自信を持って「ああ、キミはわがままだね」と言えますが、そうではない場合、つまり、相手の言うことに一理があるときは、「そんなことないよ。キミはわがままではなくて、当然のことを言っているまでだよ。むしろ、わがままは私の方かも知れない」と言わざるをえないかもしれません。
 相手の言っていることが的を得ているというか、正論の場合、それをきちんと受け止めてこちらは対処しなければなりません。しかしながら、これがなかなか難しいのです。関係が親しくなればなるほどわがままが出てしまうから困ったものです。
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2008/02/13 Wed. 17:31 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

トラブルは面倒臭いと思って手抜きしたことが要因で起こるのです! 

 できれば隠しておきたいことがあります。なぜかというと、相手にバレてしまうと話がややこしくなるからです。という訳で、バレないだろうと願いながら、相手に隠して事を進めてしまいます。この場合、バレないで済んでしまえば、こんなにラッキーなことはありません。
 しかしながら、そう簡単に事が運ばないのが世の常なのです。大方は相手にバレて、ここからが大変なことになります。隠していたことがバレるわけですから相手は怒ります。「なんで俺に黙って事を進めたのか?」とか「俺を騙したんじゃないだろうな?」とかガンガン責められてしまいます。隠していたこちらが悪いわけですからしかたがありません。だが、それにしてもなぜ人は、バレたときのことを心配しながらも、バレないでくれと願いながら、こっそりと事を進めたがるものなのでしょうか?
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2008/02/07 Thu. 11:45 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。