01« 2009 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

お互いがお互いを触発し合うような、そんな友だちをあなたは持っているでしょうか? 

 お互いがお互いを触発し合う――これこそが本当の友だちというものではないでしょうか? お互いを触発するということは、お互いがそれぞれの人生を真剣に生きているということです。友達の真剣な生きざまほど自分自身を刺激し触発するものはありません。だからこそ、自分もまた自分の人生を真剣に生きなければならないと思うのです。落ち込んだり、弱気になったりしたとき、私はふと思い出してしまう友だちが何人かいます。そんなとき、彼らに電話すると、これが不思議なことに、とたんに元気が出てしまうのです。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2009/02/25 Wed. 11:01 [edit]   TB: 0 | CM: 1

go page top

CDが売れないのは“音楽愛”が足りないからです! 

 CDが売れない、と言われていますが、CDが売れない、のではなく、音楽に愛情を持っている業界人が少なくなっているので、音楽が伝わらないのではないでしょうか?
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2009/02/17 Tue. 11:06 [edit]   TB: 0 | CM: 4

go page top

過去のアーティストと“対話”ができる“音楽文化遺産博物館”が必要とされています。 

 “音楽文化遺産”を形にして残すことが急務ではないでしょうか? 音楽は今や私たちのライフスタイルにおいて欠かせないアイテムです。いや日本人としての“和の心”を豊かにする文化そのものと言っていいかもしれません。
 しかしながら、その音楽文化が散逸しようとしています。というのは、音楽文化が“遺産”という形で保管されていないからです。現在の音楽は、過去に作られた音楽の伝統の上に成り立っています。そして未来の音楽は現在の音楽に触発されて生み出されます。ということは、過去の上に現在があり、現在の延長線上に未来があるというわけです。
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2009/02/10 Tue. 15:15 [edit]   TB: 0 | CM: 1

go page top

あらゆる失敗の背後には恐怖がある。恐怖を克服するただひとつの方法は恐れていることをすることである。 

 私は臆病な人間です。今、私は電話をかけようか、かけまいか迷っています。インタビューのアポイントメントを取ろうとしている人は、私にとっては初めての人です。それも音楽業界の人ではありません。業界の人なら、だいたいが私の名前を知っているので、初めて電話をかける人の場合でもプレッシャーを感じるということはありません。しかし、業界以外の人となると、私を知っているとは限りません。まずは自分のことから説明しなければなりません。
「初めまして、私は音楽評論家の富澤一誠という者ですが……」
 ここまで言って、「ああ、お名前は存じております」と相手が言ってくれたら、その後は楽なのですが、そう上手く事は運びません。「ハア……、もう一度お名前を……」なんて言われると、後はもう四苦八苦となってしまいます。
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2009/02/02 Mon. 16:15 [edit]   TB: 0 | CM: 1

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。