02« 2013 / 03 »04
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アリスが本格的に再始動!ニュー・アルバム『ALICE Ⅺ』をリリースし、60本近くのコンサート・ツアーも始まる予定!「60歳を超えた今だからできるメッセージもある」(谷村新司) 

 アリスが本格的に動き出しました。しかも、これまでで最もスケールが大きく、26年ぶりにオリジナル・アルバム『ALICE Ⅺ』(4月10発売)をリリース。5月5日からは47都道府県をまわる60本近くのコンサート・ツアーが始まる予定。今回の再始動のきっかけを谷村新司はこう語ります。
 「4度目の再始動の最後を飾った2010年の東京ドーム公演の打ち上げの席で、堀内孝雄と矢沢透から『元気なうちにもう一回やろう』という声があがって、その時に3人で約束したんです。その後、東日本大震災があり、日本が復興をめざしていることから、去年の8月に3人が再会したときに再始動を決め、やるならニュー・アルバムを作ろうと話し合ったんです」
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2013/03/22 Fri. 10:34 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

47年間も元気で現役で歌い続けるマイク眞木の存在こそが私たちにとっても生きるエネルギー源なのです! 

 ミュージック史上においてはもはや歴史的な出来事になっていますが、和製フォーク・ソング第一号は、1966年4月5日にリリースされたマイク眞木の「バラが咲いた」です。早いものであれからもう47年という年月が経とうとしています。当時21歳の大学生だった眞木は今68歳で現役で活動を続けています。そんな彼のニュー・アルバム『OLD SCHOOL』のコンセプトは“還暦を過ぎた大人のための等身大のアルバム”で60歳を過ぎた我々の世代の現在の心情をリアルに表現しています。「古いものだけど魅力的」という意味の『OLD SCHOOL』は「実は息子がつけてくれたんです」と眞木は説明します。さらにアルバムを作るきっかけをこんなふうに補足しています。
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2013/03/19 Tue. 17:13 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

〈熟恋歌の新星〉広瀬倫子の「償いの日々~愛していると言われたことがない~」、 〈熟恋歌の貴公子〉川上大輔の「ベサメムーチョ」に注目! 

 数多いラブソングの中で特に成熟した大人同士の濃密な愛を描いたラブソングを〈熟恋歌〉と私は呼んでいます。「魅せられて」のジュディ・オング、「愛のままで…」の秋元順子、「夜明けのスキャット」の由紀さおり、「また君に恋してる」の坂本冬美を〈熟恋歌の女王〉とするならば、〈熟恋歌の新星〉は「償いの日々~愛していると言われたことがない~」でデビューした広瀬倫子、〈熟恋歌の貴公子〉は「ベサメムーチョ」でデビューした川上大輔と言っていいでしょう。
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2013/03/12 Tue. 18:07 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top