04« 2013 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

井上昌己、25周年記念アルバム「回想録〜Calling 90’s〜」でライバルのカバーに挑戦! 

 今年でデビュー25周年を迎えた井上昌己が、「PRIDE/今井美樹」「サイレント・イヴ/辛島美登里」「渡良瀬橋/森高千里」など90年代を彩った名曲を中心にカバーしたアルバム『回想録〜Calling 90’s〜』を発表しました。今回カバーしたヒット曲はいずれも彼女が女性シンガーとして活躍していた時代にリアルタイムで発表されたものばかりで、いうなら彼女にとってはライバルのオリジナルにチャレンジということでもあるのです。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2013/05/24 Fri. 14:21 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

時代は今、〈音楽のチカラ〉を必要としています! 

 時代は今、〈音楽のチカラ〉を必要としています。〈音楽のチカラ〉で心を癒すことによって新たなパワーを取り戻すことができるからです。今の時代に必要とされているのはまさにこのことではないでしょうか。東日本大震災(2011年3月11日)以降、先行き不透明な時代が続いています。だからこそ〈音楽のチカラ〉を私は信じたいのです。
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2013/05/24 Fri. 14:18 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

時代は今、“歌”という“心を洗うシャワー”を必要としている!   

 私たちは家から一歩外に出ると、仕事や街のノイズなどによって、知らないうちにトランス状態に入ってしまう。だからこそ、そんなトランス状態から解放されるためにはクールダウンが必要不可欠なのです。火照った体や緊張した精神を鎮めるためには”心のシャワータイム”が必要だからです。
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2013/05/14 Tue. 10:06 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

“ロールモデル”として時代を駆け抜けた〈最強の女性作詞家〉安井かずみの評伝「安井かずみがいた時代」は〈時代のバイブル〉です! 

 評伝は難しい。どんなに取材をこまめにこなし情報を集めて客観的に書こうと思っても、主観が入ってしまうからです。なぜならば、情報を整理、分析して取捨選択するときに、著者にとっての〈あらまほしき理想像〉が働いてしまうからです。その結果、著者が思う人物像ができあがってしまうというわけです。そのことは今までに書いた2册の評伝「松山千春・さすらいの青春」「さだまさし・終りなき夢」で私は痛いほど身にしみています。
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2013/05/10 Fri. 10:14 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

森山良子はあえてクラシックにチャレンジすることで、自分の中に眠っていた新しい魅力を引き出すことに成功しました! 

 森山良子ほど実績のあるキャリア・アーティストは、あえて冒険なんかしなくても、”昔の名前で出ています”で十分にやっていけます。ましてや昨今の彼女は「涙そうそう」「さとうきび畑」が大ヒットして現役の第一線に立っているトップ・ランナーでもあるからです。そんな彼女の”チャレンジ”は常識的には無謀な賭けと言われてもしかたがありません。
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2013/05/02 Thu. 18:14 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。