12« 2016 / 01 »02
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

八神純子の決意は「歌で想いを届けることを決めたのでずっと歌います」 

 八神純子のニュー・アルバム「There you are」がリリースされます。(配信開始は12月18日、CD発売は2016年1月13日)。このアルバムには現在の彼女の全てが凝縮されていてまさに“旬”と言っていいでしょう。今回のアルバムのコンセプトは何なのだろうか?八神純子は熱く語ります。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2016/01/20 Wed. 14:06 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

ブレッド&バター活動休止! 次なる新しい地平を見つめたうえでの前向きの決断? 

 12月4日(金)、東京・渋谷区文化総合センター大和田さくらホールで〈ブレッド&バター・コンサート〉が行なわれました。会場に着いてみてすぐに感じたことは、会場内の雰囲気がいつもとは違っていたことです。なんとなく熱気があるというか、緊張感がただよっているというか殺気だった気配で、いつものブレバタのコンサートらしい和やかさはありませんでした。おそらくというか、来ている人は「今回で最後」ということを知っていたからです。
 入場時に配布されたコンサートのチラシを開けると〈ご来場ありがとうございます。ブレッド&バターからのお知らせです。〉という文章がまず目に飛び込んできました。
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2016/01/18 Mon. 14:14 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

自分の道を走り続けて「オンリーワンの世界」にたどり着いた鈴木康博! 

小田和正と“もうひとりのオフコース”鈴木康博のお話です。
今では伝説として語られる「オフコース」の〈武道館10日間コンサート〉の最終日〈1982年6月30日〉をもって鈴木は「オフコース」を脱退しました。そして1年後の1983年8月にソロアーティストとして再出発しました。脱退の背後にどんな理由があったのでしょうか?
 「オフコース」は1980年に「さよなら」を大ヒットさせて人気グループとなりました。この曲は作詞作曲、リードボーカルとも小田でした。自然と小田が「オフコース」の顔になり、小田の曲が「オフコース」のイメージになりました。グループの名前が大きくなればなるほど「オフコース」というイメージに引きずられるようになり、やがてそれは自主規制につながっていったのです。
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2016/01/15 Fri. 14:02 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

「戦争を知らない子供たち」は終戦後70周年にふさわしい歌による最強のメッセージです! 

 「行って良かった」と思わせるライブがあるからこそ、私はライブ好きなのかもしれません。そんな「行って良かった」ライブを紹介します。
-- 続きを読む --

category: 俺が言う!

2016/01/13 Wed. 17:34 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top