04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

なぜ今、きたやまおさむさんは歌うのか? 

きたやまおさむさんは私にとって吉田拓郎さんと並んで特別な存在です。1971年、20歳のときに私は、ラジオの深夜放送で拓郎さんの「今日までそして明日から」を聴いて「このままではいけない。何かをしなければ」と思い大学を中退しました。しかし、その何か?がわかりませんでした。そんなときに、きたやまさんが作詞をした「戦争を知らない子供たち」(歌・ジローズ)と彼が書いた同名の単行本を知りました。“戦争を知らない子供たち”というキャッチコピーが戦後生まれを的確に表現していたことで、この歌はたくさんの若者たちの心をとらえました。またネーミングの素晴らしさが“世代”を見事に表現し〈戦争を知らない子供たち〉は歌を超えて本もベストセラーになることで社会現象にまでなったことは特筆されます。つまり、きたやまさんのメッセージがたくさんの人々の共感を呼び彼は“オピニオン・リーダー”になったのです。「彼のようになりたい」と思った私は音楽評論を書き始めたというわけです。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2017/05/15 Mon. 15:41 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top