09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

“戦う気力”を失くすな。戦うところから“自分”というものが確立するのです! 

 何があっても“戦う気力”だけは失くしてはいけない、と思います。なぜかというと、戦う気力を失くした時点で何も建設的なことは生まれないからです。
 とはいっても、現実においては否応無しに戦う気力が萎えてしまうことは多々あります。たとえば人間関係においてです。上司との関係、先輩との関係、同僚、はたまた恋人との関係、親子関係、夫婦関係……と、私達は人間関係でいつも悩まされ続けています。これは人間として生きる以上しかたのないことかもしれません。
 そんな人間関係の中で、何が一番大変かというと、相手と自分の関係において、どう折り合いをつけるか、ということです。もちろん、それぞれキャラクターも考え方も違う訳ですから、どこかでぶつかることは当然です。そんなとき、こちらは「それは違うんじゃないの?」と戦いを挑みます。その場合、相手が素直に納得してくれれば問題は生じませんが、そうではない場合は逆襲を受けます。その結果、かなりのバトルになって、どちらかが戦う気力を失うまでバトルは続きます。なぜ戦う気力が萎えてしまうのか?というと、不毛な戦いを続けているうちに、面倒臭くなってどうでもいいや、と思ったとき、人間は自分に妥協して、現状維持でいいやと思ってしまいます。どうせ頑張って言っても何も変わりはしない。かえって逆襲を受けて精神的に疲れてしまうだけだ。だったら何も言わないで黙っていよう。つまり戦意を喪失して、長い物には巻かれろ、ではありませんが、うるさい奴には関わりにならないで「はい、はい」と聞いた振りをしておこう、ということになります。こうすれば、とりあえずは平穏に過ごせるからです。
 おそらく、いじめを受ける側は、そんな戦意喪失状態、つまり“戦う気力”を失っているのではないでしょうか。だから、いじめを受けても戦わないで嵐が過ぎるのをひたすら耐えて待っているのです。戦いたくても、戦う気持ちが萎えてしまっているので、もう戦えない。どうしてこんなことになってしまったのでしょうか? 戦っても何も変わらない、ということを知ってしまい、逆らうことを放棄してしまったからです。でも、これで本当にいいのでしょうか?
 嵐は黙って耐えていれば必ず通り過ぎます。でも、また必ずやって来ます。結局はこの繰り返しです。この嵐の繰り返しを断ち切るためには、もう一度勇気を出して戦うしかないのです。確かに戦うということは面倒臭いし、勇気のいることだし、疲れることです。そのためか、誰しも戦いはできることならばさけたいことです。しかしながら、だからといって“戦う”ことから逃げていたならばストレスはたまるだけです。
 戦う気力があったときの“初心”に戻って下さい。誰にも戦ったときはあるはずです。あのときなぜ戦ったのか? それは「これではいけない」と思ったからです。「これではいけない、こうあるべきだ」。そう思ったからこそ戦おうと思ったんです。そんなときの自分の“初心”を思い出して“原点”に立ち返るべきです。“戦う気力”を失くした人間にだけはなってはいけません。戦うところから“自分”というものが確立するのです。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2007/03/02 Fri. 10:39 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/10-4e2206bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。