05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

オバマが「YES WE CAN」なら、私たちの合言葉は「AGE FREE!」(年齢なんて関係ない。) 

 邦楽は<J-POP>系と<演歌・歌謡曲>系と大きく2つのジャンルに分けられますが、最近この2つのカテゴリーに入らないニュー・ジャンルが生まれつつあるようです。
 たとえばミリオンセラーとなった秋川雅史の「千の風になって」は<演歌・歌謡曲>とは言い難いし、さりとて<クラシック>でもありません。同様に、すぎもとまさとの「吾亦紅」は<演歌・歌謡曲>に近いけれども断定はしにくいし、秋元順子の「愛のままで…」もなんとなく<演歌・歌謡曲>に入れられてはいるが、何か引っかかるものを感じてしまいます。今話題の中村ブンの「かあさんの下駄」は昔ならば確実に<私小説フォーク>ですが“フォーク”という言葉が死語になってしまった今では<J-POP>とは言えないし、さりとて<演歌・歌謡曲>と呼ぶには忍びないものがあります。
 最近出てきたアーティストだけではありません。森山良子、加藤登紀子、高橋真梨子、谷村新司、さだまさし、布施明などキャリア・アーティストも<J-POP><歌謡曲・演歌>と呼ぶにはしっくりこないものがあります。そこで私は勝手に命名することにしました。彼らのような大人の歌を歌える実力派アーティストを<Age Free Artist(エイジフリー・アーティスト)>と呼ぶことにします。年令なんか関係ありません。アーティストは実力が全てなんです。そんな意味もこめて<エイジフリー・アーティスト>です。そして彼らが作り出す“成熟した大人の歌”を<Mature Music(マチュア・ミュージック)>と名づけます。
 マチュアとは英語の「mature」からできた言葉で「成熟した、円熟した」という意味を持っています。アメリカのシニア・マーケット分野では“アクティブ・シニア”というキーワードの言い換えが“マチュア”となっているように、マチュアを<自立して輝いて生きている人>と意味づけして、そのような“成熟した大人”の世代を<マチュア世代><マチュア層>と呼んでいます。
<シニア>と呼ばれることに抵抗感を持つ人が多いのは事実ですが、だからこそ「年令なんて関係ない」と思っている“エイジフリー”な人たちが増えているのです。そんなエイジフリーな人たちが求めているのが<マチュア・ミュージック>なのです。エイジフリー世代が好んで聴く歌<マチュア・ミュージック>が「J-POP」「演歌・歌謡曲」と並ぶニュー・ジャンルになることは必然です。私たち大人は今こそ宣言すべきです。「Age Free!」と。
 現在40歳以上64歳までの人口は4270万人だそうです。40歳以上はというとなんと7000万人です。私もそんな中のひとりです。正直言って、私は57歳になりますが、年令なんて関係ない、と思っています。まさに“Age Free”です。リスナーの皆さんもそんなふうに思っている人が多いでしょう。だからこそ、<WEEK-END PARTY>の合言葉は「Age Free!」です。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2008/11/27 Thu. 10:19 [edit]   TB: 0 | CM: 1

go page top

コメント

徳永英明さん

はじめまして

先生の提唱されるマチュアミュージックを体現するエイジフリーアーティストに、
ぜひ、徳永英明さんのお名前を加えてください。
現在47歳の徳永さんの進化した歌声。
カヴァーでもその実力は、広く知れ渡ることとなりましたが、
オリジナル曲も、ほんとうに素晴らしい曲がそろっています。
その歌詞、歌唱力、容姿も含めて、中年層を魅了しています。
成熟した大人世代の生き方は、さまざまですが、
人生の酸いも甘いも経験済みの世代の心をとらえることの出きる徳永さんの楽曲は、
私的には、完全にマチュアミュージックです。

徳永さんは、08年1月に通算1000回のライブを達成しています。
その後も、年間の大半をライブ活動にあてています。
圧倒的な歌唱力に支えられたそのステージは、圧巻です。

富澤先生が、今後徳永さんの活動にご興味を抱いてくだされば幸いです。
心よりのお願いをこめて、投稿させていただきます。

sachi #- | URL | 2009/02/13 Fri. 11:48 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/101-419fac19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top