09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

ヒット曲が壊れかけている! 早急に新基準のヒット・ランキングを確立すべきです。 

 音楽業界にとって、今そこにある危機は“ヒット曲が壊れかけている”ということです。どういうことかと言えば、これまでのヒット曲の基準が“音楽配信時代”を迎えて“ズレ”を生じてしまっているのです。周知のように、これまでのヒット・ランキングは、CDシングルのセールス枚数の集計によって決まっていました。アルバム・ランキングもそうです。
 しかしながら、現実はCDシングルの他に、音楽配信の着うた、着うたフルがあるにもかかわらずに、シングルのヒット・ランキングはCDセールスしかカウントされていず、音楽配信のダウンロード数は加味されていないのです。はたして、これで本当の意味で“ヒット・ランキング”と言えるでしょうか?
 今年前半を代表するヒット曲、青山テルマfeat.Souljaの「そばにいるね」は、CDセールスが約55万枚、音楽配信は約870万ダウンロードと言われていますが、これがどのくらいのヒット曲の規模なのかはわかりません。CDセールスの約55万枚はわかりますが、870万ダウンロードをイメージできる人は少ないでしょう。これはCDセールスに換算したら何万枚になるんでしょうか? 着うたフルの場合、1曲ダウンロードするのにかかる料金は300円から400円です。CDシングルは1000円から1200円で2曲入りですから、単純に割り算をすると、ダウンロード数の6分の1程度がCDセールスと言っていいでしょう。仮にそうした場合、870万ダウンロードはCDセールスに換算すると145万枚ということになります。もちろん、これは仮定の話ですが、「そばにいるね」はCDと音楽配信を合算した場合、200万枚のメガヒットになる計算です。すごいことです。
 CDが売れない。ミリオンヒットが出ない。今や音楽業界はあたかも斜陽産業のような言い方をされています。それもこれもエンターテインメント業界には必要不可欠なミリオンヒット、メガヒットがないからです。業界を華やかにするのは今も昔もメガヒットで、そんなお祭り騒ぎにあおられて“ブーム”は湧き起こるのです。今、音楽業界は、そんな芽を自らの手でつんでしまっています。ダウンロード数をCDセールスに換算して合算するには、いろいろと難しい問題点はありますが、先送りにしていては業界の火はますます小さくなってしまいます。今必要とされているのは新しい基準にもとづいたヒット・ランキングです。レコード会社各社はダウンロード数の公表を小異を捨てて、業界のために英断して欲しいものです。そうすればメガヒットが復活して業界は必ずや活性化するはずです。
 CDが売れないと言われていますが、CDが売れないのではなく、CDが売れる音楽業界の構造が変わってしまったのです。このことを理解できているか否かの差だ、と思います。だとしたら、金属疲労を起こしつつあるCDというオールド・エンジンを補佐する役目として、音楽配信というニュー・エンジンを使いこなすというのが正しい使い方なのです。CDと音楽配信は“対立”する存在ではなくて、音楽業界を推進する必要不可欠な両輪なのです。そのあたりのことがわかっているレコード会社は栄え、そうでないところは衰えるというのが現実です。現実を直視して、今そこにある危機を乗り越えるべきなのです。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2008/12/22 Mon. 16:45 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/105-d2750d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。