05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

友だちなら友だちのことは守る。これは人間としての基本です! 

 友だちがいのない人がいます。そして、こういう人にかぎって、人が良くて憎めないから困ってしまうのです。
 友だち同士の約束って何でしょうか? いろいろありますが、お互いの不利益になることはあえて言わない、ということです。友だちをもっと広げて同志としましょうか。ま、仲のいい友人関係同士の中で、何が一番ショックを受けるかというと、これだけは言って欲しくはないことを、あろうことか友だちに言い触らされてしまう、ことです。
 私の場合、かつてこんなショックな出来事がありました。私がプロデュースして出演している音楽番組で、私が最も頼りにしていたスポンサーが降りる、ということがありました。このスポンサーに降りられると、打撃が大きいので私はかなりナーバスになっていました。なぜかというと、その穴埋めを早めにしておかないと、連鎖反応が怖かったのです。「では、うちも……」と他のスポンサーにまで降りられてしまったら、もう手あてのしようがありません。だからこそ、箝口令を敷いて隠密裏に新しいスポンサー探しを始めたのです。スポンサーが降りるというマイナス面は絶対に隠したかったのです。しかしながら、その情報は意外なところから漏れてしまったのです。私はがく然としました。情報が漏れたのもショックでしたが、それを漏らしたのが、私の友だちの新聞記者だったからです。
 新聞記者としてつかんだ情報を発表するということは正しいことです。しかし、その情報を漏らすことが自分の友だちの最も不利益なことになるとしたら、どうするでしょうか? 私は友だちを守ります。それが“美学”だと思っています。だから、たとえば友だちの状態を他人からさぐりを入れられたとしたら、私は、現実はかなりやばい状態ではあっても「いや、そんなことはないですよ。彼は元気です。大丈夫です」とかばいます。こういうケースはたくさんあります。私の友だちはレコード会社、プロダクション、音楽出版社などの経営者がたくさんいますが、この御時勢ですから、経営が芳しくないところがいくつもあります。当然ながら、そんなことが噂になり、話題にのぼります。そんなとき、私は友だちの火の車の内情を知ってはいても否定します。「いや、予想していたわりには大丈夫ですよ」と。なぜ否定するのか、というと、相手に合わせて調子に乗って、あることないことをしゃべってしまうと、やがてそれが増幅して、ひとり歩きを始めて、結局のところ「あそこはやばい。あいつはもうダメだ」という決定打になってしまうのです。そんなことになってしまったら、これはもう友だちとは言えないでしょう。
 自分の友だちのこと、仕事上で大変お世話になっている人のこと、はたまた仲良しグループだと思われている人のことなどを、平気で悪口を言う人がいます。見ていて、いい気持ちがしないどころか、こういう人はきっと私のことも、他では悪口を言っているんだな、と思うとゾーッとします。友だちなら、友だちのことは守る。これは人間としての基本ではないでしょうか。友だちがいのない友だちが増えていることは淋しいかぎりです。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2007/03/12 Mon. 11:39 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/11-0289c463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。