07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

人生を終えるときに、「コーヒーのように “うまい”人生だったな」と思えたら感無量です! 

 私の朝の日課といえば、ジョギング、新聞のチェック、愛犬との散歩、そして、モーニング・コーヒーを飲むことです。手前みそですが、モーニング・コーヒーはとても美味い。忙しい日々を送っている私にとって、この一杯が一日の活力源となっています。そんなわけで、 “一コーヒー党の音楽評論家”として、歌とコーヒーの切っても切れない関係性に迫ってみようと思います。
 歌には、これまで「コーヒー」が “小道具”として到る所で効果的に使われてきました。実はこれまでに何百もの歌に登場しており、緑茶や紅茶と比べるとその数は断トツです。なぜ「コーヒー」はアーティストに好まれるのでしょうか? 
「コーヒー」を取り入れて最初にヒットした曲は、1939年発表の「一杯のコーヒーから」。作詞が藤浦洸、作曲が服部良一。歌は霧島昇、松原操です。お酒好きでビール党であった服部は当初、「一杯のビールから」というタイトルで曲を書いたのですが、お酒が飲めないコーヒー党の藤浦が「一杯のコーヒーから」と直してしまったというエピソードが残っています。では、曲の中で“コーヒー”は具体的にどのような使われ方をしているのでしょうか?
 恋愛をテーマにした曲の“小道具”として使われることが多いのですが、その中でも大きく二つに分けられます。第一に、同棲したてのカップルが朝コーヒーを飲むパターン。この場合は、朝一緒にコーヒーを飲むことが同棲の“象徴”として使われています。例えば、サーカスの「愛で殺したい」、モーニング娘。の「モーニングコーヒー」、I WISHの「幸せのうた」などがそうです。第二に、終焉間際のカップルがコーヒーを飲むパターン。この場合は、別れの“儀式”として使われています。例えば、中条きよしの「理由」やZARDの「サヨナラ言えなくて」などです。このように「コーヒー」はカップルの節目ともいえる時期に効果的な使われ方をしています。それは「恋愛」=「大人」という図式がまずあって、「大人」=「コーヒー」というように結びついたのです。
 子供の頃は親から「コーヒーの奥深い味わいや苦味は大人にならないと分からないからお前にはまだ早いぞ」とよく言われたものです。私がコーヒーの味を覚えたのは、駒場東大前の喫茶店〈レオ〉に仲間と入り浸っていた学生時代。当時は “サテンでコーヒー”は憧れであり、一種の大人のステータスだったのです。吉田拓郎が「青春の詩」の中の一節で、喫茶店に彼女と入ってコーヒーを注文することが青春、と歌っていますが、まさにその通りです。
 そんな「大人」というイメージは「恋愛」にも通じるところがあって、男と女の複雑な駆け引きはいくつもの恋愛を重ねていった大人でないとわかりません。だからこそ「大人」の特権的なものともいえる 「コーヒー」と 「恋愛」は歌の中でその「奥深さ」がシナジー効果を生み、「より味わい深い」作品となっているのです。
 人生は「コーヒー」のようになんとも奥深い。私は今年で58歳になりますが、まだまだやりたいことは山のようにあります。この先つらくて苦しくてやり切れないようなこともあるかもしれません。しかし、音楽を熱く語ることが音楽評論家としての私の使命ですから、これだけは何としてでもやり遂げなければいけません。そして、人生を終えるときに、「コーヒーのように “うまい”人生だったな」と思えたら感無量です。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2009/05/12 Tue. 11:19 [edit]   TB: 0 | CM: 1

go page top

コメント

僕は最近、コーヒーの良さがようやく分かるようになり
そう言われれば、恋について奥深く考えるようになりました。

「より味わい深い人生」という作品を生むためにも
これはと思う時は妥協せず、そのことに熱く語りかけ、そして向き合いたいと、、
これを読んでて思ったんです。

まるきち #- | URL | 2009/05/16 Sat. 22:36 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/124-bc2130e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。