06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

大人たちがダメなら、若者たちぐらいは逆に常識や道徳感を持とう! 

 地べたに尻をついて座りこんでいる若者たち、通称“ジベタリアン”をよく見かけます。駅の階段、コンビニの前、普通の道端や電車の中でさえ座りこんでたむろしている若者たちが増えているようです。若者たちはなぜ所かまわずに座りこむようになってしまったんでしょうか?
 理由はいくつか考えられますが、ひとつは“カッコイイ”ととらえられているようです。本来は座るべき所ではない場所で座るということに“優越感”を抱いているように思えてなりません。タバコを吸う感覚に似ています。タバコを吸ってはいけないと規制されればされるほど、吸ってみることで、俺は自由なんだ、好きなことをやっているんだ、と“ワルっぽさ”を演出することで、他の奴らとは違うんだという自己主張をしたいということでしょう。もうひとつは、座ることで迷惑をかけていないからいいや、ということです。確かにそうです。地べたに座ることで人に迷惑をかけてはいません。その背後には、座りたいから座るんだ、という考え方があります。ま、「かったりーから」ということでしょうか。
 その他にもいろいろ要因はあると思いますが、地べたに座りこむことがカッコイイとは私にはとても思えません。若いときは社会に反発することで自己主張をし、そこから新しいエネルギーが生まれて、“サブ・カルチャー”が生まれることがあります。でも、地べたに座りこむことによって、何が変わり、何が生まれるというのでしょうか。路上に座るということで、ナンパのチェックができるという利点ぐらいはあるとは思いますが、かつてストリートからストリート・ミュージシャンやアーティストが生まれたように、地べたに座りこむことでストリート・サロンができストリート・カルチャーが生まれる可能性があるのでしょうか? はなはだ疑問だと思います。そこには地べたに座る必要がないからです。
 かったりーから座る、も情けないと思います。自分の部屋の中だったら何をやっても許されるでしょう。どんなふしだらなカッコウでもいいし、机に足を投げ出そうが……何でもOKです。しかし、人前となると常識というか“道徳”があります。家族の前で応接間のテーブルに足を乗せたり変なカッコウで食事をすることだって、親の注意を受けるでしょう。飼い犬だって食卓に乗ったら怒鳴られます。常識から考えれば地べたに尻をついて、座りこむことは、飼い犬が食卓に乗ることと同じです。それがわからないということは、そんなしつけをされていないということでしょうか? いずれにしても、道徳観の欠如はひどいものです。でも、若者たちだけが悪いんではありません。援助交際しているオヤジや、自分たちのことしか考えていない癒着構造の政財官界が率先して、道徳を破っているようじゃ、しめしはつかないでしょう。しかしながら、だからと言って、若者たちがそれをマネしていいということはありません。大人たちがダメなら、自分たちぐらいは常識や道徳観を持とう、そんな気がまえが欲しい気がします。それこそが、優越感であり、自己主張をするということだと私は思います。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2009/07/28 Tue. 10:52 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/136-3fe3c3df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。