03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

「ありがとう」と言う前に、相手の立場に立ってちょっと考えてみて下さい! 

 俺って、何でダメなんだろうか?と思うことがあります。そして考えますが、なかなか納得いく答えは見つかりません。しかし、ひとつだけ言えることは、ダメだと思う不満の要因は必ず自分自身の中にある、ということです。
 最近私が思うことは、私には大切な何かが欠けているのではないか、ということです。大切な何かが欠けているからこそ、それが要因となって変な結果しか残せなくて、結局のところ、何でダメなんだろうか?と不満を持ってしまうのです。では大切な何かとは何か?ということですが、それは「ありがとう」という感謝の気持ちかもしれません。もちろん「ありがとう」という言葉はいつも使っています。何かをしてもらうたびに「ありがとう」は反射的に出て来る言葉です。だからと言って、心からそう思って「ありがとう」と言っているのかははなはだ疑問です。
 「ありがとう」と口では言いながら、本当に心からそう思っているのか、というとちょっと考えてしまいます。心のどこかで、やってもらってあたりまえと思う自分がいるからです。この心のおごりというか、ここに落とし穴があるのです。
 「ありがとう」と心から本気で思うためには、相手の気持ちになって考えてみる必要があると思います。相手の立場に立って、自分にしてくれていることを考えてみる。するとそれまで見えないものが見えてくるはずです。相手が自分にしてくれていることを、自分が逆に相手にしてあげるとき、どんな思いでしょうか? そんな相手の思いを理解できたときに初めて「ありがとう」という感謝の気持ちがわかるのです。
 私がしてやっているのに、と思うとそこから不満の要因が生まれてしまいます。この「のに……」を捨てて無心になれたときにこそ「ありがとう」という気持ちが自然と生まれてくるのです。うちには犬が2頭いますが、彼女たちは言葉がしゃべれませんから、いや、正確に言うならば、言葉はしゃべれるのだけれども、犬語を人間が理解できないから、彼女たちの言ってることがわからないだけなのです。だとしたら、彼女たちの犬語をどう理解したらいいのかというと、答えは簡単です。犬の立場に立って、何を考え、何を訴えようとしているのか? “心の声”を真剣に聞いてみようとする気持ちです。彼女たちは必ず何かを訴えています。ふだんよりそわそわしていたら散歩に行ってトイレに行きたいのかもしれません。そんなことは人間の立場でいたら到底理解はできません。犬の立場に立って犬の気持ちで考えてあげたとき、犬は最高の笑顔でじゃれついてくれるのです。それが彼女たちの「ありがとう」という感謝の表現方法なのです。そのとき、人間も最高に幸福な気持ちになれるのです。
 犬が喜んでじゃれついてきたとき、それは彼女たちの感謝なのです。そして、それを作り出した人間の優しい心こそが最も大切なものなのです。
 相手の立場に立って、自分がしてもらったらうれしいことをさりげなくやってあげられる優しい心。それこそが人間にとって大切なものであり、そんな優しい心がたくさんの「ありがとう」という幸福な状態を作るのです。「ありがとう」と言う前に、相手の立場に立ってちょっと考えてみて下さい。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2009/08/21 Fri. 11:40 [edit]   TB: 0 | CM: 1

go page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2009/09/21 Mon. 05:55 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/140-e0b5302c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。