07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

プロデューサーはアーティストにとって“高い壁”であるべきです! 

 CDが売れないと嘆く前に、CDを買いたくなるような“いい歌”を作るべきです。そのためには、プロデューサーはアーティストにとって“高い壁”となって立ちはだかるべきです。
 アーティストがいい曲を作り、いい歌を創造するためには、まずはテンションを高めてギアをクリエイティブな状態に切り換えなければなりません。換言すれば、心のぜい肉を落としていつでも真剣勝負ができる準備をしなければならないというわけです。これはクリエイティブなことをするにあたって基本です。
 本番はこの後です。アーティストが作ってきた作品をどう完璧なものに仕上げるかです。この仕事をするのがプロデューサーです。1度聞いただけで「これでいい」と思える作品はほとんどありません。大方はここはいいけど、ここは手直しをしたほうがいい、というのがあたりまえです。肝心なことは、「ここは良くない」と思ったらアーティストに作り直しを命じることです。それも1度や2度ではありません。自分が納得できるまで何度も要求するのです。いうならば、プロデューサーはアーティストにとって“高い壁”となって、アーティストにその壁を乗り越えるように指導するということです。
 人は誰も自分に弱いものですから、「ま、こんなもんだろう」と自分に妥協してしまいます。妥協していい作品が生まれるはずはありません。だからこそ、自分に妥協することを抑える人が必要なのです。それがプロデューサーです。アーティストはプロデューサーと言う高い壁にぶつかって、やっと本気を出すようになり、さらに自分自身を突きつめたところで、ひとつハイクラスの境地に達するのです。
 私の場合も同じです。書き手として本気を出せるのは、編集者という高い壁にぶつかったときです。私は1月16日に新潮新書より『あの素晴しい曲をもう一度~フォークからJポップまで~』を出版しましたが、きびしい編集者のおかげで心のぜい肉を落とさざるをえなくなり、会心作を書き上げることができました。手前ミソですが音楽出版界においては、私に書き直しを要求する編集者はいません。しかし、新潮新書の編集者は100ヶ所ほど書き直しを要求しました。正直閉口するほどです。だが、さすが文芸出版の老舗・新潮社の編集者はいい作品を作るためには手を抜かないし、あきらめません。いつの間にか私は実力以上の潜在能力を引き出されていたのです。とは言え、編集者が誰であれ、私は手を抜いたことはありませんし、もちろん下手な原稿は書きません。書き手としてのプライドが許さないからです。しかし、正直に言って、いつも120パーセントの実力を出しているかというと、そんなことはありません。及第点を取れる80パーセントの原稿を書いているというところが本音です。でも、本当はこれではダメなのです。常に120パーセントの実力を出さなければプロとは言えません。そのためにはやはりきびしいコーチ役が必要なのです。そのコーチ役が書き手にとっては編集者ということです。同じようにプロデューサーはアーティストにとって高い壁となって初めてアーティストがいい歌を生み出せるのだ、と私は思います。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2010/01/28 Thu. 11:13 [edit]   TB: 0 | CM: 1

go page top

コメント

プロデューサーもアーチスト同様に、いや
それ以上に辛い(いい意味で)仕事ですね。

世の中、どんな分野の仕事でも
物事の表面だけ撫でて
その核心のマグマの部分に
手を突っ込もうとしない人がほとんど。
できれば仲良しクラブでいたいのが
ニンゲンの本音でしょうね。

しかし実体験から
学びました。
一つ前の幼虫から脱皮!
かなり辛い日が続きましたが

次第に
世の中の本当の姿が
面白いように見えてきて
楽しくて仕方ありませんね。

まるきち #- | URL | 2010/02/02 Tue. 22:34 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/161-0daa5418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。