03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

徳永英明の『VOCALIST』シリーズだけがなぜ売れるのか? 成功するカバー・アルバムの全ての条件を満たしているからです。 

 カバー・ブームのきっかけを作り、その頂点に立つのが徳永英明です。『VOCALIST』シリーズをこれまで3枚リリースし、最新の第4弾を加えた累計売り上げはなんと500万枚を超え、まさにカバー・アルバムの金字塔を打ち立てた、と言っていいでしょう。 数あるカバー・アルバムの中でなぜ徳永だけが抜きんでているのか? それは徳永盤だけが、成功するカバー・アルバムの全ての条件を満たしているからです。
 カバー・アルバムが成功するためには4つの“条件”がある、と私は思っています。
 第1はアーティスト自身に“現役感”があること。なぜあんなにすごい実績のあるアーティストがあえてカバー・アルバムを出すの?とユーザーに意外性を感じさせられるかどうか、ここはポイントです。はっきり言えば、消費期限切れのアーティストでは駄目だ、ということです。
 第2は収録曲は誰もが知っている大ヒット曲であること。ふつうシンガー・ソングライターは自分のオリジナル曲にプライドがあるので、誰もが知っている曲はやりたくないもの。しかし、そんな変なプライドを捨てて、“シンガー”に徹することができるかどうか? これもポイントです。
 第3は原曲の良さをそこなわないで、いかに自分の魅力を出すかということ。ややもすると自分が歌い易いように原曲の譜割を崩してしまうとユーザーは違和感を覚えてしまう。そうさせないためには原曲の譜割には忠実で、なおかつ自分なりのオリジナリティーを出せるかどうか、これが成功して初めて原曲を超えることができるのです。
 第4は“キラー・ソング”が入っていること。最近のヒット曲で、なおかつ“名曲”の誉れ高い曲が1曲はぜひとも必要です。そうすれば20代を含めて幅広い世代にアピールできるからです。
 そんな観点から『VOCALIST』シリーズを検証すると、4つの条件を全てクリアしています。現役感といい、誰もが知っている大ヒット曲といい、原曲を生かした徳永の哀愁を帯びたボーカルは“韓流”に奪われたファンをも奪い返したのです。キラー・ソングは、シリーズ順に「ハナミズキ/一青窈」「雪の華/中島美嘉」「ENDLESS STORY/REIRA starring YUNA ITO」「First Love/宇多田ヒカル」。『VOCALIST』シリーズは売れるべくして売れている、ということです。
 ちなみにニュー・アルバム『VOCALIST 4』は4月20日にリリースされましたが、初登場1位でランクインして以来、現在まで4週連続で1位をキープして、CDセールスは50万枚を突破しています。カバー・アルバムは数多くリリースされていますが、徳永盤だけは別格です。なぜ別格なのか? それはもう言うまでもありません。成功するカバー・アルバムの全ての条件を満たしているからです。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2010/06/02 Wed. 17:56 [edit]   TB: 0 | CM: 1

go page top

コメント

はじめまして。

実は今日「宇多田ヒカル」をテーマにブログを書きまして、

他の皆さん、どうかなと思い、覗かせていただけました。


おもしろい視点ですね。

ありがとうございました。

#- | URL | 2010/06/03 Thu. 13:46 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/179-096ea153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。