07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

愛が見えなくなったときに手にしたい“心の処方箋”が『TEARS BEST』です! 

 数あるラブソングの中で、特に別れをテーマにした涙を誘う“涙ソング”を“TEARS SONG”と私は呼んでいます。そんな究極の涙ソングばかりを集めたコンピレーション・アルバムが『TEARS』(UM)シリーズです。
 ラブソングを聴いて泣いて“涙”を流すことは大切なことだと思います。なぜならば涙には良薬以上の効能があるからです。人はなぜ涙を流すのか? 抑えつけられていた感情が解き放されたとき、つまり、ありのままの自分に戻ったとき、それまで抑えていた感情が堰を切ったようにあふれ出してくるのです。いうならば、涙は感情を抑え付けていた心にはりついている頑強な壁を溶かす力を持っているのです。だからこそ、涙は心の潤滑油と言われているのです。そんな観点から考えると“涙ソング”こそ“心の潤滑油”ともいうべき“涙”を生み出す“泉”なのです。
 『TEARS』シリーズの集大成ともいうべき『TEARS BEST』(8月25日リリース)はまさに“涙”を生み出す“源泉”です。「PIECE OF MY WISH/今井美樹」「ひだまりの詩/Le Couple」「恋におちて-Fall in love-/小林明子」「恋の予感/安全地帯」「はじまりはいつも雨/ASKA」「オリビアを聴きながら/杏里」「壊れかけのRadio/徳永英明」「Alone/岡本真夜」「木蘭の涙/スターダスト・レビュー」「Another Orion/藤井フミヤ」「メリークリスマスが言えない/稲垣潤一」「シルエット・ロマンス/大橋純子」「あなたに逢いたくて~Missing You~/松田聖子」「ロード/THE 虎舞竜」「ラヴ・イズ・オーヴァー/欧陽菲菲」「会いたい/沢田知可子」など、収録曲16曲全てが究極の名曲ラブソングです。どの曲を聴いても、忘れかけていたあのときの感動が蘇ってくるはずです。歌を聴いて思い切り泣いて下さい。きっと心が浄化されるはずです。
 人はなぜラブソングを求めるのでしょうか? 人はラブソングを聴くことによって、自分の気持ちを確認し、積もってしまう感情を上手く処理しています。まだ恋を知らない人には愛するという気持ちを気づかせてくれて、現実に恋愛をしている人にとっては愛のテキスト的な役割を、片想いの人には切ない感情に対しての共感を、失恋をした人には一緒に心の傷を癒してくれる心の友として、恋愛がハッピーに続いていて、いい想い出となっている人にはあの頃の純粋で一生懸命だった気持ちを思い出させてくれます。
 痛みの数だけ感情があり、幸せがあり、そして涙があります。その意味では、幸福の絶頂期に聴く歌よりも、なぜかどん底状態で耳にした曲の方が強く印象に残っていて、そういう“涙ソング”を自分の恋愛ストーリーにだぶらせ、涙ながらに聴くことは一番の特効薬になるのです。つらい失敗があったからこそ今がある。そんな想いが次へとつながる気持ちにさせてくれます。また悲しみに打ちひしがれることで傷ついた心が癒されるなど“涙ソング”は恋愛の処方箋なのです。
 常に手元に置いておきたい恋愛小説集があるように、常に持っていたい名曲ラブソング・アルバムを、私は欲しいと思っています。心がふと曇ったとき、愛が見えなくなったときに手にしたい“心の処方箋”、それがアルバム『TEARS BEST』です。現代人の心が病んでいる時代、愛が迷走してしまう時代だからこそ、究極の涙ソング集『TEARS BEST』が求められているのです。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2010/08/25 Wed. 12:12 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/191-5fbf0d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。