07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

今年の“おみくじ”のテーマは「耳」。つまり、「人々の言葉に注意して、わが身のためと聞きましょう」ということです!  

今年もまた明治神宮に初詣に行ってきました。そして、これまた慣例となっている“おみくじ”を引きました。明治神宮の“おみくじ”は“大吉”や“凶”のおみくじではなく、明治天皇、昭憲皇太后の“和歌”になっています。
 「今年はどうかな?」とはやる心を抑えながら、おみくじ箱をガシャ、ガシャと振ると“10”という数字が出てきました。そして、手渡された“おみくじ”は昭憲皇太后の御歌で“耳”という御題で<人ごとのよきもあしきも心してきけばわが身の為とこそなれ>でした。その意味は「世間の人の言葉は、良いことも悪いことも、さまざまと耳に入って来ますが、これを注意して聞けば、すべてわが身のためになります」で、さらに具体的に言うと「人々の言葉はさまざまです。それを聞き流さず、或はこれに左右されて、つまらぬ心配をしないで、注意深く聞くことが大切です。心がけ次第で、世間のことは何でも役に立つものです」で、要約すれば「人々の言葉に注意して、わが身のためと聞きましょう」ということです。
 おみくじを引いたら「今年はどうかな?」とどきどきしながら読むのが楽しみですが、これがまた腑におちるから不思議です。今年もそうでした。去年を漢字一字で表現すれば継続の“継”、つまり、つなぎ、だと私は思っています。可もなく不可もなくということですが、自分にとって万全の態勢ではありませんでした。ということは、攻めることはできないということです。ですから、何とかつなげながら、徐々に体勢を整えていて、準備態勢を整えていた1年間と言っていいかもしれません。そして、その結果、今年はある程度自信を持って攻めることができそう、というわけです。だから、今年を漢字一字で表現すれば一歩前に出る、ですから“出”というわけです。“継”から“出”へ、これは去年から今年へ賭ける私の意気込みです。
 ここ2年間余り、私は<Age Free Music>という旗を掲げて評論活動を行ってきました。おかげさまで、2年前はレコード会社1社のみが<キャンペーン>を展開していましたが、1社が4社に増え、さらに8社、12社に増え、そして現在行われている<キャンペーン>は、レコード会社15社合同にまで成長しました。しかも、日本レコード協会の公式キャンペーンに指定され、今年行われる第6弾キャンペーンはさらに大がかりになりそうです。そんな<Age Free Music>キャンペーンの旗頭として、私は大いに頑張ろうと思っています。旗頭として、またプロデューサーとして気合が入りすぎている嫌いはあります。だからこそ、おみくじの“御神託”が心にグサリとくるのです。性格的に、私は突っ走ったら他人の話に耳を貸さない傾向にあります。今回のキャンペーンはレコード会社15社合同キャンぺーンに加えて、ラジオ、テレビ、カラオケ、有線放送、音楽配信、イベンターなどたくさんのメディアとの、まさに協力の上に成り立っています。そんな中において、あまりにも突出するのはいかがなものか?です。その意味では、「人々の言葉に注意して、わが身のためと聞きましょう」というおみくじは、いっときとも離さずに身につけておきたいものです。ところで、あなたの“おみくじ”はいかがだったでしょうか?
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2011/01/18 Tue. 10:55 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。