10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

今年もたくさんの〈桜ソング〉は生まれました。桜が日本人に愛されるかぎり〈桜ソング〉は永遠に不滅です! 

 森山直太朗の「さくら(独唱)」(2003年3月5日発売)の大ヒット以降〈桜ソング〉が根強い人気です。今年もたくさんの〈桜ソング〉が生まれました。「桜の木になろう/AKB48」「いくたびの櫻/ふくい舞」「桜の歌/藤澤ノリマサ」「桜色/中川翔子」「桜の樹の下/KOKIA」「アワイロサクラチル/Violent is Savanna」「桜雨~さくらあめ~/瀬川瑛子」「君待ち桜/雅音人」「桜音/ピコ」など。
 桜は日本人にとって特別な花。満開になったときの、えも言われぬ美しさ。しかし、あっという間に散ってしまうはかなさは無常感に通じ、日本人の心の琴線に触れるのです。それと桜が咲く季節が絶妙です。桜シーズンには卒業式や入学式という大きな行事があり、サラリーマンであれば転勤などの人事異動の時期で、そこにはドラマティックな出会いや別れがたくさん生まれるし、そのために感傷的になり易い季節ともいえるのです。
 慣れ親しんだ人との別れが、ふだんは意識することなく過ごしてきた日常を愛おしいものとして蘇らせ、思わずしんみりとしてしまう。そんな感傷的な別れの場面に満開に咲いた美しい桜があれば、その桜の記憶も思い出と共に残るというものです。さらにそれを盛り上げる〈桜ソング〉があれば、歌も一緒になって人々の心に残っていくのです。つまり桜を見たり、〈桜ソング〉を聴いたりすると、感動的な場面が思い出されることになるのです。森山の「さくら」、福山雅治の「桜坂」、コブクロの「桜」、ケツメイシの「さくら」などを聴くと、涙と共に眠っていた想い出が蘇ってくるという人は多いでしょう。つまり〈桜ソング〉は今や欠かせない存在なのです。
 すでにAKB48の「桜の木になろう」はミリオンセラーとなっていますが、桜前線の北上と共にたくさんの人たちのハートをつかみそうなのがふくい舞の「いくたびの櫻」です。テーマがいい。春になると桜は自然に咲くと思われていますが、実は1年間懸命に生きた証として美しい花をつけるのだ、というメッセージはふと人生を考えさせられます。京都出身のふくい舞はメジャー・デビューする直前に親友を亡くした経験を持っています。だから、桜の季節になると、親友と見上げた鴨川の桜と重ね合わせて自然と感傷的になってしまうと言う。
 「1年に1度咲く桜をながめるときには大切な人のことを考えながらながめて欲しいんです」と、“命の尊さ”を感じながら彼女は大切に歌い続けています。今はまだ蕾ですが、桜前線北上と共に、彼女の歌も満開の花をつけるはずです。
 いずれにしても、桜が日本人に愛され続けるかぎり、〈桜ソング〉は生まれ、そしてたくさんの人たちのハートをキャッチすることでしょう。梅が咲いた後には桜が咲く日本。美しい季節です。今朝、犬を連れて散歩していると遊歩道に梅が満開の花を咲かせていました。じっくり見ると梅にはたくさんの種類があって、それぞれ花の形が違っていて、まさにオンリー・ワンの美しさを競っています。同様に桜にもいくつかの種類があって、オンリー・ワンの美しさを持っています。私たち自身のオンリー・ワンの美しさはどこにあるのでしょうか?そんなことをふと考えさせられる〈桜ソング〉です。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2011/03/30 Wed. 11:25 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top