10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

林哲司と杉山清貴が作り上げたアルバム「REUNITED」こそ“大人の音楽”〈Age Free Music〉です! 

 大人の音楽〈Age Free Music〉をアーティストは積極的に作るべきだ、と私は提唱しています。そんな矢先に作曲家の林哲司さんから「杉山清貴君と一緒に大人が聴ける音楽を一緒に作っている」という話を聞きました。そしてアルバム「REUNITED」が届けられました。聴き終わったとき、これぞ私が求めていたAge Free Musicだと思いました。
 林哲司、年間シングル楽曲セールスのナンバーワンの記録を持つ一流の作曲家。特に洋楽的なポップ・センスをベースにした曲を書かせたら右に出る者はいない、いわば〈Jポップ〉のパイオニア的存在です。
 杉山清貴は、杉山清貴&オメガトライブ、解散後はソロ・アーティストとして、80年代のミュージック・シーンを疾風のごとく駆け抜けた〈Jポップ〉のカリスマと言っていい。林と杉山は、オメガトライブ時代、新進気鋭の作曲家と、夢見る若手アーティストとしてコンビを組んで「サマー・サスピション」「君のハートはマリンブルー」「ふたりの夏物語」などの大ヒット曲を飛ばし、80年代ミュージック・シーンに大きな足跡を残しました。
 オメガトライブ解散後は、杉山はソロ・アーティストとして林から受けた教えを糧に彼独自の世界を確立し、ソロ・アーティストとして一時代を築きました。一方、林は作曲家としてたくさんのヒット曲を飛ばす傍ら、映画音楽、テレビ・ドラマ音楽などもこなし、またプロデューサーとしても活躍し、これまた一時代を築きあげました。
 いわば功なり名を遂げた2人ですが、その2人が、今年新たなチャレンジを始めました。それが今回のプロジェクトというわけです。これまでの2人のコラボレーションのしかたは、林が作曲した曲を杉山が歌うという、作曲家とシンガーという関係でしたが、今回は2人がもっと踏み込んだ関係でコラボしています。杉山は言います。
 「ぼくが曲を書いてデモテープを送っても林さんは何の返事もくれないんです。何でかな?と思っていると、こんなのいらないって・・・。これはお前が自分でやればいいって。そうではなくて、作りかけのメロディーを送って来い、と。杉山のエッセンスを俺が受けとめて、そして共作で曲を作りたいんだって、言うんです」
 つまり、今回は林と杉山が対等な立場で、ぶつかりあって、そこから生まれてきた曲が今の2人の“オリジナル曲”であると同時に“ライフ・スタイル”でもある、というわけです。
 「スタジオに入って歌入れが終わるまで全体像が見えないんです。ぼくが曲のモチーフを書いて、それを基にして林さんが曲を書いて、アレンジをしてオケを作っても、カッコいいかわからないんです。で、歌入れをして、歌い終わって初めて、これはカッコいいとわかるんです。だから、もうどきどきもんです。でも、それだから楽しいんですよね」
 一時代を築いた人は別に新しいことにチャレンジしなくても十分にやっていけます。“昔の名前”で出ていますでいいからです。でも、それではつまらない。やはり、今好きなことをやらないと・・・。そのためにこれまで頑張ってきたのではないでしょうか?
 若い頃、林と杉山は2人で組んでナンバー・ワンになることができました。そして四半世紀が過ぎて、今度は2人にしかできないオンリー・ワンの世界を作り上げようとしています。それがコラボレーション・アルバム「KIYOTAKA SUGIYAMA MEETS TETSUJI HAYASHI REUNITED」です。このアルバムは紛れもなく、時代が求めている良質な“大人の音楽”〈Age Free Music〉である、と私は思います。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2011/04/26 Tue. 10:28 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top