07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

季節のご挨拶!熟恋歌と家族愛の歌を推薦したいと思います! 

 私から季節のご挨拶をしたいと思います。殺伐とした時代だからこそ、心の潤滑油ともいうべき大人のラブソングが必要とされています。いかがおすごしでしょうか?
 <演歌・歌謡曲>でもない。<Jポップ>でもない。大人の良質な音楽を<Age Free Music>と私は名づけて提唱しています。CDが売れないという厳しい環境を打破しようと、レコード会社16社が参加して、中高年を対象にした新たな“大人のマーケット”の拡大を目的として、<Age Free Music~大人の音楽>キャンペーンが5月11日から7月31日まで行なわれています。今回で6回目を迎えるキャンペーンですが、この目玉商品として16社全社参加の合同企画ということで2枚のコンピレーション・アルバム「熟恋歌~センチメンタル~」「熟恋歌~ロマンチック~」が作られました。数多いラブソングの中で特に成熟した大人同士の濃密な愛を描いたラブソングを“熟恋歌”と私は呼んでいます。そんなこともあって私が監修させていただきました。
 「センチメンタル」は「ラブ・ストーリーは突然に/小田和正」「わかれうた/中島みゆき」「涙そうそう/夏川りみ」など、どちらかというと“愛の炎”が鎮まりつつある失恋系がテーマの名曲16曲をセレクト。一方、「ロマンチック」は、「ずっとあなたが好きでした/坂本冬美」「あなたの空を翔びたい/高橋真梨子」「PRIDE/今井美樹」など、どちらかというと“愛の炎”が燃え盛っている熱愛系がテーマの名曲16曲をセレクト。熟恋歌で心を潤して下さい。

 先行き不透明な時代だからこそ“音楽のチカラ”を信じたいものです。
 <演歌・歌謡曲>でもない、<Jポップ>でもない。大人の良質な音楽を<Age Free Music>と私は名づけて提唱しています。そんな〈Age Free Music~大人の音楽〉キャンペーン第6弾が、レコード会社16社合同で5月11日から7月31日まで行われています。<Age Free Music>の総合プロデューサーとして、こんな“大人の歌”があったらいいなと思いプロデュースしたのが、さくまひできの「どこで暮らしていても」(日本クラウン 6月8日リリース)です。
 時代は今、“家族愛の歌”を必要としています。なぜならば、親が子を傷つけ、子が親に刃を向けたりするような凄惨な出来事が続き、家族の崩壊が始まっているからです。だからこそ逆に、“家族の絆”の大切さが再認識され“家族の絆”をテーマにした“家族愛の歌”が共感を呼んでいるのです。そして家族の絆の究極の存在は母親です。そこで私は今年92歳になった母親のことを思い出しながら詩を書いてみました。すると母と過ごした幼い日々の想い出が、故郷の山なみや川のせせらぎと共に鮮やかに蘇ってきました。作曲は唱歌「故郷」をイメージして、と岸田敏志さんにお願いしました。歌は叙情的で哀愁のあるシンガーはいないかと捜した結果、さくまひできさんにお願いすることになりました。幸運にもこの歌は私の故郷・信州須坂文化会館メセナホール<フォーエバーヤング>キャンペーンソングに採用されました。と同時に、<Age Free Music>キャンペーンのフラッグ・ソングにしようと思っています。手前みそですが、<Age Free Music>の理念は、さくまひできの「どこで暮らしていても」に凝縮されています。ぜひご試聴願えれば幸いです。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2011/06/22 Wed. 12:22 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。