09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

厳しい現実と向かい合うには強さが必要です! 

 厳しい現実と正直に向かい合うには強さが必要です。しかし、人は誰も弱いものですから、厳しい現実に直面したときは、つい逃げたくなってしまいます。だが、それでは何にもならないのです。
 現実の壁にぶちあたったとき、まずしなければならないことは、なぜ上手くいかないのか?という要因を分析することです。これが明確になっていないと打つ手が考えられないからです。たとえば、何かを作った、としましょう。物は何でもいいのです。この“何か”をしかるべき人に見てもらってビジネス化できるかどうかがポイントです。当然ながら、作った本人は最高のものだと信じています。それはそうです。自分が絶対にいけると信じて作った物でないかぎり成功するはずはないからです。しかしながら、現実はそう甘くはありません。自分が最高だと思ってはいても、相手がそれを評価してくれるかは別次元の話だからです。見てもらって、相手も「最高!」と認めてくれたらこんなに素晴らしいことはありません。しかし、現実は相手に認めてもらえないことの方が多いんです。しかも、ボロクソに言われたりすることも……。さて、問題は、相手に認めてもらえないときにどうするか?です。
 大きく分けて対処すべき方法は2通りあります。ひとつは、自分の作る物に対して絶対の自信がある場合は、他の人にチャレンジすることです。断った人に対しては、この人は本当の良さを理解できなかったのだ、と思うしかありません。だから、自分の作った物を認めてくれる人が現われるまでチャレンジし続けることです。これも一理ある、と思います。確かに評価は人それぞれですから、自分を理解してくれる人が現れるまで待つということも正しい選択です。
 もうひとつは、逆です。評価されなかったという“現実”を重く受け止めた場合ですが、プロが客観的に見て、このままではビジネス化できないと判断を下した訳ですから、自分の作った物自体に何か欠点がある、ということです。この場合、新しい物作りにチャレンジするか、大幅な修正を加えなければなりません。
 どちらが正しい、とは言えません。どちらかに決める、ということは結局のところ自分自身です。作った物に絶対的な自信があれば認められるまで待てばいいし、欠点があると思ったら修理して完璧な物に仕上げるべきです。いずれにしても、そのままではダメだという“現実”に正面から向かい合って自分で判断を下すべきです。逃げていても何の解決にもなりません。だから、現実に正面から向かい合う“強さ”が必要なのです。
 私も今、現実という壁にぶちあたっています。どちらかを選ぶつもりですが、そのときに考えていることがあります。それは自分の作る物がひとりよがりになってはいないか、ということです。自分がやりたいというめざすべき方向性は確保しつつ、現在のユーザーが求めているものをリサーチして、それをマッチングさせる、ということが必要です。このバランスが取れていないかぎり、おそらく現実という壁を突破することはできないのです。その意味では、時代が必要としている物をいち早く察知して、自分のやりたい物を作り上げることです。クリエイティブとはそういうことではないでしょうか……。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2007/07/11 Wed. 14:00 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/29-4229d5ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。