07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

数多いカバー・アルバムの中でも一青窈の『歌窈曲』は出色のできと言っていい! 

 数多いカバー・アルバムの中でも一青窈の『歌窈曲』は出色のできと言っていいでしょう。カバー・アルバムの中でこれまで最も売れているのは累計売上げ(5枚で)約500万枚を超える徳永英明の『VOCALIST』シリーズ。なぜか? それは徳永が万人受けするように誰もがわかる“デッサン”にして歌ったからです。ここに徹したことが彼のオリジナリティーとなったのです。一方、一青窈は徳永とは対極を打ち出しています。彼女はいうなら彼女独自の方法で“油絵”にしてしまっているのです。その結果、本歌の良さを踏襲しつつ、彼女独特の歌唱で濃淡をつけデフォルメ化することで、原曲の魅力をさらに引き出しているのです。
 収録曲は「喝采/ちあきなおみ」「終着駅/奥村チヨ」「天使の誘惑/黛ジュン」など昭和歌謡の名曲ばかり11曲。選曲はどうしたのでしょうか?
 「テンポやキーを変えて、カラオケで200曲くらい歌い続けていいものを選んだら、結果的に女の人の曲ばかりで70年代に固まっていました」。
 リアルタイムで聴いていない曲をどんな思いで歌ったのでしょうか?
 「昭和歌謡は作詞家の先生の女性像を投影しているので、より女が色濃く出ていますね。男の人がかわいいと思える女であり続けるという、女優みたいな気分で歌っています」
 作詞家が描いた非現実的な世界が彼女の“女優”としての一面を強く引き出したと言えます。カバーを歌うことで、それまで眠っていた新しい魅力“女優”としての側面が生まれたことで、オリジナル・アルバム『一青十色(ひとといろ)』はこれまで以上に歌がさらに色濃くなり説得力が増したようです。
 『一青十色』は『歌窈曲』の流れをくんで、渡辺真知子やつんくなど歌謡の心がわかっている作曲家陣に曲を依頼したと言う。また彼女が昔からファンであった堀込泰行(キリンジ)や岡村靖幸にも楽曲依頼をするなど色彩豊かなアルバムとなっています。彼女は、 
 「10年経って自信がついたっていうのがあるかもしれないですね。今まではどちらかというと歌わされているっていう感じだったんですが、胸を張ってお願いできるという立ち位置に今、立ちました」
と作家の人選について語っています。
 また、カバー曲を歌うことによって、彼女はオリジナル曲を歌うときの立ち位置を今まで以上に認識したようです。
 「シンガー・ソングライターは自分がどんどん出てくるので、より強くなったり、もろさが見えたりしますが、カバーの場合はオリジナルとは違うテンションで、女の部分が吠えるというか‥‥。両方の良さがわかったことは良かったです」
 カバー・アルバム『歌窈曲』から継ながって生まれたオリジナル・アルバム『一青十色』の両作品は、2枚でワンセット。デビュー10周年を迎えてさらなる高みをめざし進化を遂げた彼女を知るためにも、ぜひセットで聴いたもらいたいものです。
 最後に、実はこの2枚のアルバムのジャケットには秘密があるのです。『歌窈曲』のジャケットの感情のうごめいた場所から一本道を抜けていくと、アルバム『一青十色』のジャケットのホテル・アカシアにたどり着くのだそうです。そして〈一青窈 10th Anniversary 2012~HOTEL アカシア~〉へと継ながっていくのです。デビュー10周年を迎え、さらなる高みをめざし、進化を続ける一青窈に期待したいものです。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2012/08/07 Tue. 11:14 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。