05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

韓国歌謡曲〈トロット〉の第1人者“チャン・ユンジョン”、日本でメジャー・デビュー!〈トロット〉と〈K-POP〉を融合させたAge Free Musicに注目!  

 〈Age Free Music~大人の音楽〉キャンペーンの提唱者として、私はこんな感じの歌、こんなスタイルのアーティストがいたらいいのに、という自分なりの“理想像”を持っています。
 〈演歌・歌謡曲〉でもない。〈Jポップ〉でもない。大人の音楽が〈Age Free Music〉ということですが、逆に言えば、それは〈演歌・歌謡曲〉の良さも、〈Jポップ〉の良さも併せ持っているということです。そんな〈大人の音楽〉の中でも特に私は、大人のラブソングを〈熟恋歌〉と名づけて、〈熟恋歌〉を歌えるアーティストが出てきたらいいな、と心より思っています。イメージとしては、秋元順子の「愛のままで…」、坂本冬美の「また君に恋してる」などです。時代は今、確実に大人のラブソング〈熟恋歌〉を必要としています。だとしたら、そんな大人のラブソングを作るべきです。大人のラブソングを歌えるアーティストを捜して、大人のラブソングを明確なテーマを持って作って世に出せば必ずや受け入れられるはずだ、と確信しています。なぜならば、40歳以上64歳までの人口4358万人の、いわゆる〈Age Free世代〉が待っているからです。そのことは〈Age Free Music~大人の音楽〉キャンペーンが明確に示しています。そんな観点から、私はいつも歌、アーティストを捜していますが、そんな私のアンテナに引っかかったのが、10月10日に日本でメジャー・デビューを果たした〈韓国歌謡界の女神〉と異名をとるチャン・ユンジョンです。日本デビュー曲「うそつき太陽」を聴いた私は、これぞ〈熟恋歌〉だと思い興味を抱きました。そんなこともあったので、韓国に行って、この目で見、この耳で聴き、この心で、彼女の歌を確認したいと思ったのです。
 10月6日、ソウル市内にある“韓国のオペラハウス”と言われ、約3000人を収容できる世宗文化会館は満員のお客さんであふれんばかりでした。見まわしてみると、40代、50代、60代がメインでした。そんな大人たちがチャン・ユンジョンの歌に涙を流したり、総立ちになって踊ったり、また彼女のおしゃべりに笑ったり拍手をしたり… まさに大人のエンタテインメントがそこで繰り広げられていました。世宗文化会館の客席にいて、日本人の私が、私が求めていたのはこういうエンタテインメントなのだ、と確信していました。そこには〈Age Free Music〉のあるべき理想像があったからです。
 チャン・ユンジョンは韓国歌謡曲〈トロット〉の第1人者です。日本でたとえるなら〈演歌・歌謡曲〉の大スターです。しかし、彼女のすごいところは、〈トロット〉歌手ですが、若者たちにも受けているということです。ステージではダンサー10人を従えてK-POP顔負けの激しいダンスを披露したりして、〈トロット〉をダンスと派手な衣装を融合させて、若者たちをも楽しめる新しい音楽スタイルを確立しているということです。いうならば〈トロット〉と〈K-POP〉の良さを融合させて〈大人の音楽〉、要するに〈Age Free Music〉にしているのです。私の席の近くにいる、たぶん50代、60代の人たちが、彼女のバラードに涙を流したかと思えば、ペンライトを振りながら激しく体を動かしています。彼らはチャン・ユンジョンのコンサートを本当に楽しんでいます。だからこそ、6日に2公演、7日に1公演をして、3公演で9000人も集客できるのでしょう。
 彼女がお客さんに話したことが忘れられません。
 「私はなぜトロットを歌うんですかという質問をよく受けるのですが、昔は私が得意なジャンルだからと軽く思っていました。しかし、今は違います。人生を頑張って生きてきた年輩のお年寄りの方々は激励されて当然、これからは人生を楽しむ権利があると思います。私によって少しでも楽しく、安らぎを感じていただくことですごくやりがいを感じ、うれしく思います」
 彼女の思いやりの愛情という熱い“想い”があるからこそ、年代を超えてたくさんの人たちが彼女の歌に共感を覚え、彼女のファンになるのでしょう。彼女を模範にして、日本でも彼女に負けないアーティストが生まれることを期待したいと思います。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2012/10/17 Wed. 14:50 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。