07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

岡林信康、吉田拓郎、尾崎豊、ZARDの歌は紛れもなく“時代が必要とした歌”だったのです! 

 時代と歌、アーティストとの関係を私はこんなふうに考えています。
あるひとつの時代が新しい歌を生み、ひとりのスターを作り出していく。歌はその時代を生きる若者の“バイブル”となり、歌い手は“教祖”となるのです。
 かつて“怒れる若者の季節”と呼ばれる時代がありました。1960年代後半から70年代にかけて、ベトナム反戦、学園紛争、安保反対と嵐が吹き荒れた時代です。ここから生まれたのが岡林信康であり、彼の「私たちの望むものは」などのプロテスト・ソングでした。これは時代に対するアジテーションであり、岡林は“反体制の英雄”でした。
 そして、70年安保自動延長。それに伴ない、挫折感がたくさんの若者たちの心を包んでいきました。こうした運動と無関係ではなかったフォークも大きなショックを受けました。岡林は「今まで外にかみついてばかりいたけど、実は自分の中にこそ、かみつかなければならないところがあるのではないか」と、それまでの自分を総括しました。これはどういうことかというと、70年安保を境にして“外”に向いていた眼(意識)が“内”に向かい始めたこと、つまり、社会に対して痛烈にプロテストしていたものが自分自身に向けられ、自分の生活に根ざした歌が生まれたということです。そんな代表が吉田拓郎であり、彼の「今日までそして明日から」などの“青春メッセージ・フォーク”でした。
 拓郎のフォークの特徴は、70年以前の岡林のフォークが「今俺が歌わなければならない」的使命感があったのに対し、「俺は歌いたいから歌うんだ」という、もっと自由な発想なものでした。戦争、政治、社会問題なんて関係ない。俺にとってもっと切実なことは自分の生活と人生をどうするのかということ。そんな個人の自己主張、これが大きな特徴でした。岡林と拓郎のフォークの違い。それを一言で表現するならば“私たちの歌”から“私の歌”へ、つまり、“三人称”から“一人称”への移行でした。拓郎は私たちより一歩先へ行っていました。だからこそ、拓郎のように頑張ろうと思ったのです。拓郎の歌は“人生の道標”であり、拓郎は同世代の“旗手”だったのです。
 80年代になると、バブル時代となり享楽の果てに、全ての物差しが“お金”の世の中になってしまいました。拝金主義の世の中の常識に対するアンチ・テーゼ。学校、家庭という管理された枠組みに対するアンチ・テーゼ。そんな“心の叫び”を歌にしたのが尾崎豊でした。尾崎は同世代の“リーダー”であり、彼の歌は世の中の常識に対する“アンチ・テーゼ”だったのです。
 90年代になると、バブルがはじけ、終身雇用制度が崩れ、就職氷河期を迎えました。一方、湾岸戦争の勃発、ソビエト連邦の崩壊、東西ドイツの統一などそれまで想像もできなかったことが起こり、その結果、何が正しくて、何が正しくないのかわからないという“ファジーな時代”に突入しました。しかし、それでも頑張って生きなければいけません。そんな時代には一緒に走ってくれて「頑張って!」とエールを送ってくれるマラソンの“伴走者”のようなありがたい存在が必要とされたのです。それがZARDの歌であり、坂井泉水だったのです。その意味では、ZARDの歌は“人生応援歌”であり、彼女は頑張る人たちの“伴走者”だったのです。
 岡林信康、吉田拓郎、尾崎豊、ZARD、彼らの歌は紛れもなく“時代が必要とした歌”だったのです。時代が必要としたときに初めて“本当の歌”は生まれるのです。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2007/07/24 Tue. 10:52 [edit]   TB: 0 | CM: 1

go page top

コメント

岡林信康から尾崎豊の頃までは、自分の歌は全て自分で作っていたのですが、ZARDの頃になると、自称シンガ-・ソング・ライタ-達の背後にゴ-ストが暗躍する時代になってしまいましたね。

名無し #- | URL | 2010/03/06 Sat. 20:43 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/31-2fddb797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。