07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

<「大人の歌謡曲」公式ガイドブック>刊行記念トークライヴを7月22日(火)午後7時から紀伊國屋書店新宿南店7階サザンシアターで行ないます! 

 私は今、〈Age Free Music〉という旗を掲げてCDマーケットの活性化のために汗を流しています。〈Age Free Music〉のコンセプトは〈“演歌・歌謡曲”でもない。“Jポップ”でもない。良質な“大人の音楽”で、年齢もジャンルもキャリアも関係ありません。ひとつ条件があるとするならば、それは“いい歌”であること。〉です。
 現在40歳以上64歳までの人口は4358万人だそうです。40歳以上はというとなんと7432万人です。私もそんな中のひとりです。正直言って、私は63歳になりますが、年齢なんて関係ないと思っているまさに“エイジフリー世代”です。そんなエイジフリー世代が求めているのが〈Age Free Music〉なのです。
 そんなコンセプトのもとに私は5枚組CD-BOX「大人の歌謡曲~心ときめく青春ヒット曲集」(ユニバーサルミュージック通販商品、定価10800円)をプロデュースしたところ、CDが売れないという逆風のなかでなんと2万セット近く売れ、現在もなお売れ続けています。40歳以上のエルダーマーケットにぴったりとはまった、これぞエイジフリー世代が求めていた〈大人の音楽〉ではないでしょうか?
 そんなCD-BOX「大人の歌謡曲」のガイドブックが出版されました。ずばり!「大人の歌謡曲 公式ガイドブック」(富澤一誠著、言視舎刊、1800円+税)です。なぜこの本を書こうと思ったのか? CD-BOXを買い求めていただいたユーザーの皆さんから「なぜこの曲を選曲したのか?」「この曲がなぜいいのか?」ということを教えて欲しい、というオファーが多数あったからです。その結果、収録曲全90曲を1曲ずつ解説した〈公式ガイドブック〉ができあがったというわけです。おかげさまで公式ガイドブックも売れています。発売されたばかりなのに既に増刷が決定しました。CD-BOXといい、公式ガイドブックといい、私の予想をはるかに越える反響です。そんなうれしい反響に背中を押されて、<「大人の歌謡曲」公式ガイドブック刊行記念トークライヴ><富澤一誠と太田裕美さんが語る「Age Free Music」の魅力>を開催する運びとなりました。私はこれまでに60冊を超える本を出版していますが、書店でのトークライヴは初めてのことです。「木綿のハンカチーフ」で知られる歌手の太田裕美さんと、1960年代後半から70年代にかけての音楽シーンを振り返ってみたいと思います。CD-BOXに収録された全90曲をジャケットを見ながら振り返り、特に思い出の深い歌はふたりで当時のエピソードをまじえながら聴きたいと思っています。もちろん、そんな中で、なぜ私がこの曲を選曲したのか?などをお話したいと思います。太田さんと私とリスナー、読者の皆さんと、私たちの“青春時代”を振り返って思い切り楽しんでみようではありませんか。
CD-BOXと公式ガイドブックの相関関係はまさに〈聴いてから読むか?読んでから聴くか?〉です。
 5枚組CD-BOXに収録するために選んだ全90曲は、私があらためて“発見”したものを含めて名曲ばかりです。そういった意味で、読者の方にもこの公式ガイドブックが読まれ、「そういえば、こんないい曲があったね」とご自分にとっての名曲を再発見していただければと思います。歌というのはその時々によって聴こえ方が違っています。歌は生きている、ということです。あのときはピンとこなかったけど、今はしっくりとはまってしまうこともあるのです。CD-BOXを聴き、公式ガイドブックを読んで、生きているあなたが必要とする歌を“発掘”してください。それこそが歌好き冥利につきるというものです。


※※※※※

トークライヴ告知

 それでは、ここでお知らせです。5枚組CD-BOX「大人の歌謡曲~心ときめく青春ヒット曲集」の公式ガイドブックの発売を記念して、<「大人の歌謡曲」公式ガイドブック刊行記念トークライヴ>を開催します。
 私、富澤一誠が、太田裕美さんをゲストにお迎えするトーク・イベント、
開催日は7月22日、火曜の夜。開場は午後6時半、開演は午後7時。
場所は東京新宿・紀伊國屋書店新宿南店7階サザンシアターです。
 お申し込みは、予約電話番号までおかけください。
東京03‐5361‐3312 紀伊國屋書店新宿南店直通電話番号までお願いします!
 受付時間は、毎日 午前10時~午後8時半までです。
入場無料。ただし予約制ですので、おはやめにご応募ください。お待ちしております。
 また、紀伊國屋書店のホームページにもイベントの詳細が掲載してありますので、こちらも見ていただければ幸いです。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2014/07/15 Tue. 12:41 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。