10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

悪い局面をプラスに変えるためには、自分自身をリセットできる勇気が必要です! 

 悪い局面を変えるためには“仕切り直し”をする必要があります。とは言っても、簡単にリセットするわけにはいきません。このあたりの微妙なところが、仕切り直し、と、リセット、では似ていて異なるものなのです。
 仕切り直しをしたいと思うことは多多あります。それは仕事でも遊びでも同じことですが、悪い局面をなんとかして変えないかぎり、負の連鎖、マイナスのスパイラルは続いてしまうということです。
 ゴルフをやったことのある人ならわかると思いますが、ドライバーを打ってOBになると、続いて打つ2打目もOBになり易いということです。なぜOBを2打も続けて打ってしまうのか?というと、焦る心が仕切り直しを完全にはさせていないからなのです。もちろん、本人は気持ちをリセットさせて、新たな気持ちで仕切り直しのつもりでいますが、傍からながめていると、ほとんど第1打と同じなのです。かまえる方向も同じだし、ティー・アップする場所も同じです。これでは仕切り直しとは言えません。
 では、仕切り直しをするとはどういうことなのでしょうか? OBを打ったなら、本来は打つクラブを変えた方がいいのです。クラブを変えるということは、打ち方を変えなければいけませんから、必然的にティー・アップする場所も変えなければなりません。つまり、全てを“リセット”する、ということなのです。こうすれば、初めて新たな気持ちで打てるということです。
 しかし、現実はティー・ショットの場合、ドライバーで打ちますから、ドライバーというクラブを変えるわけにはいきません。ということは、打ち方は変えられないということです。つまり、ドライバーで打つという大きな枠組みを同じにしたまま、もう1球打つということで、ほとんど同じだということです。だから、同じ失敗を繰り返し易いということです。とは言っても、仕切り直しをしない以上“悪い局面”を変えることはできません。そんなときは、思い切ってティー・アップする場所を変えることです。そうすれば打つ景色も変わり、打つ体勢も変わるので“仕切り直す”ことができる、というわけです。
 ゴルフだけではありません。自分の局面が毎日のように変わりどんどん悪くなることがあります。なんでこうなるの?と焦って直そうとすればするほど、どんどん悪い方へと流れてしまいます。そんなとき、仕切り直しをしたい、と思います。そして、リセット・ボタンを押そうとします。押しさえすれば再チャレンジできることはわかっていますが、なかなかリセット・ボタンを押すことはできません。なぜかというと、それまで努力してやってきたことを“0”に戻すことはもったいないと考えてしまうからです。だから、できることならリセットはしないで、修正ですますことができないものか、と考えてしまうのです。気持ちはわかりますが、これでは悪い局面を変えることはできないのです。やはり、局面を変えるためには、思い切って自分自身をリセットするしかないのです。悪い局面をプラスに変えるためには、自分自身をリセットできる勇気が必要なのです。あなたは自分自身をリセットできますか?
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2007/09/19 Wed. 11:19 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/39-84085ca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top