09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

“青春のバイブル”こそが“My Life”なのです! 

 誰の心の中にも“思い出の歌”はあります。その歌は、つまり青春時代のBGMだったのでしょう。
 だからこそ、私たちはいつまで経っても、青春時代に聴いた歌を忘れられないのです。また、当時をリアルタイムで知らない若い人たちにとっても、今のミュージック・シーンを彩っている“歌の原点”となった懐かしい歌たちは新鮮な新しい“出会い”になるに違いありません。そんな世代を超えて受け継がれる“名曲”を“青春のバイブル”と、私は呼んでいます。
 2006年9月23日に行われた『吉田拓郎&かぐや姫 コンサート・イン・つま恋2006』は、約3万5千人のファンを集めて大成功に終わりました。この31年ぶりの『つま恋コンサート』が起爆剤となって、中高年に再び“フォーク・ブーム”が起こったのです。『つま恋コンサート2006』で、拓郎、かぐや姫の元気な姿を見て「僕(私)もまだできる」と思った人はたくさんいるはずです。
 かつてフォークは“若者たちの歌”でした。あの“黄金のフォーク・ブーム”(72年から79年ごろ)から30年程が経ち、かつての若者たちは中高年となり、07年からは団塊の世代の一斉退職が始まりました。定年後の人生をどう生きるのか?が大きなテーマですが、そんなときに31年ぶりの『つま恋コンサート2006』は“あの頃の自分”を思い出させてくれたのでした。『つま恋コンサート2006』によって、私たちは31年前の『つま恋コンサート1975』時代にタイムスリップしてしまいました。そして“あの頃のぼく”に出会ったのです。その結果、現在の私と“あの頃のぼく”がなりたいと思っていた私、との間の微妙な“人生のズレ”を改めて認識してしまったのです。
 アーティストたちも、初めて音楽を志した頃の自分が目指した自分と、現在の自分との間のズレに悩んでいます。その“人生のズレ”はアーティストとファンとの共通のテーマです。31年ぶりに共通のテーマを見つけたアーティストとファン、これが現在の“フォーク熱”の源流なのです。この源流からフォーク熱が各地で起こっています。中高年が生ギターを弾き語るライブハウスふうの“フォーク酒場”が全国各地に誕生したり、フォーク専門CDショップなどが注目されたり、なによりもかつてのフォーク・シンガーたちは各地で引っ張りだこの人気者となっています。
 それに伴って、私たちの内なる“フォーク熱”も燃え始めています。70年代の黄金のフォーク・ブームの頃、青春を謳歌していた私たちには限りない自由と大きな夢がありました。その自由と夢を、フォークとアーティストと共有していたのです。そして30数年余りが経って今、再び私たちはフォークとアーティストと共生し始めたのです。私たちとアーティストを結ぶ共通の財産こそが、まさに“青春のバイブル”なのです。その意味では“青春のバイブル”こそが“My Life”なのです。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2014/09/09 Tue. 10:15 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。