09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

まず、やってみることだ――!そこに、ヤル気になった自分を発見するはずだ。 

 人は、「なーんだ、そういうことだったのか」と思ったとき、ふっと笑うことができるものです。私は“チャンスのつかみ方”ということをテーマにして、何人かのJポップ・アーティストに取材をしたことがありますが、彼らは“チャンスのつかみ方”を人生訓的に語った後に、一様にふっと笑ったものです。
「チャンスのつかみ方?」
 身を乗り出して、長渕剛は話し始めました。
「やりたいと思っている路線で、まず出てみることだね。コンテストに出てみることだよ。そうすれば自分の位置がつかめる。出て落ちたら、受けてるものが何だか分かるから、その裏側、つまり受けていないものの中で自分しかできない切り口を捜す。それが間違いなく自分のオリジナリティーになるね」
 ふつうは受けている曲を分析して、受けそうな曲の傾向と対策を考えますが、彼は違っていました。ここに彼の深みはありそうです。
「それと……」と言って、つけ加えました。
「人との出会いも大切だね。この人を信じて預けてみようという気持ちね。そして、上に行くためには、人情やしがらみを断ち切って、その人に背を向ける勇気も……」
 そう言って、ひとつ大きな溜息をつきました。そして熱い口調で続けるのでした。
「夢や自由を得ようと思ったら、わがままをおさえてがまんしなきゃ……。不自由さがあるからこそ自由になったときにうれしいんだし、それと同じように、夢はなかなか手にすることができないからこそ、よけいに大きな夢を持てるんだよ」
 言い終えて、彼はふっと笑ったのが印象的でした。
 稲垣潤一は「チャンスの前には必ず前兆というものがある。オレの場合はこのままでいいのだろうかという悩みが自然に大きくなってきたということだけど……。そんな前兆を察知したら、態勢を整えること。オレの場合は一生懸命にデモ・テープを作った。そうしたらチャンスがきた。もしもあのときに一本のデモ・テープがなかったら、きっとダメだったでしょうね。そんなことを考えるとチャンスの前兆を察したら整える。そしてチャンスがきたら、思いきってそれに賭けてみること。これが大切ですね」と言って、ふっと笑ったのがこれまた印象的でした。
 長渕剛、稲垣潤一。彼らは「まだ若いのに偉そうなことを言ってしまっていいのだろうか」、そんな自責の念にかられながらも、体験の中から得た人生訓を控えめに披露してくれました。だからこそ、素晴らしいのだ、と思います。大人が偉そうに垂れる押しつけがましい人生君とは違い、照れ隠しにふっと笑いながら、控えめに語る人生訓、そこには人生を真剣に生き続けている“現役”ならではの新鮮さと輝きがあるのです。彼らの人生訓は新鮮で今も生きているのです。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2014/12/22 Mon. 13:36 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top