08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

楽器を弾いてみたいという衝動を生んでしまうヒビ★チャズケのパワーに脱帽! 

 「吹奏楽人(スインド)のための〔超入門〕ジャズ講座」(ひび則彦著、PHP研究所刊)なる音楽書がロングセラーとなっています。7日間でジャズができるようになる吹奏楽経験者のための“ジャズ入門書”という触れこみですが、なぜこの本が売れているのか?(amazonジャズ部門売れ筋アイテム・ランキング1位)
それは著者であるひび則彦がリーダーを務めている〈ヒビ★チャズケ〉が注目されていて人気があるからです。これはサックス・カルテット(ソプラノ、アルト、テナー、バリトン)+ドラムからなる5人編成のジャズ・バンドで、その魅力は「千本桜」「女々しくて」などの最近のヒット曲から「シング・シング・シング」などスタンダード・ナンバーまで、ジャズ・テイストのアレンジをほどこしてまったく新しいオシャレな“ハッピージャズ”に昇華してしまうセンスの良さです。聴いていると心がうきうきと踊り出してしまうし、サックスの音色に魅了されて楽器を弾きたくなってしまう不思議な魅力を持っています。
彼らはストリート・ライブで地道に活動を続けて地力をつけファンを増やしてきました。そんなマイ・ペースの活動を10年間続けてきたからこそ、去年7月にリリースしたメジャー・デビュー・アルバム「ハッピー・サックス・ヒット・エクスプレス」というカバー・アルバムで2014年度〈レコード大賞企画賞〉を受賞したのです。そして今年、彼らは待望のセカンド・アルバム「ハッピー・サックス・ヒット・エクスプレス2015」を発表しました。ひび則彦は言う。
「誰もが知っている名曲『LET IT GO(アナと雪の女王)』『麦の唄(中島みゆき)』をジャズ・テイストのアレンジをほどこして、サックス・アンサンブルの美しさ、華麗なソロ・テクニックなど絶妙な演奏で新感覚のジャズに仕上げていると思います」
さらに進化をしてオリジナリティーを増したので今年の〈レコード大賞優秀アルバム賞〉を狙えそうです。いずれにしても、演奏の楽しさで、「楽器を弾いてみたい」という衝動を生んでしまうヒビ★チャズケのパワーには脱帽です。ストリートから地力を積んでメジャー・シーンに登場してきただけに実力派であり、やればできる、ということを証明したヒビ★チャズケの功績は「私もやってみたい」と楽器を手に取る人たちを増やし続けていることです。まさに音を楽しむこと〈音楽〉の素晴らしさを教えてくれているすごいバンドです。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2015/09/18 Fri. 19:15 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。