03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

華のある川島ケイジに注目! 

 「これはとんだ掘り出し物かもしれない」という有望な新人アーティストを見つけたときほど音楽評論家冥利につきることはありません。そんな評論家冥利につきそうなのが川島ケイジです。知り合いから紹介されてCDを聴いたとき〈骨太な声〉をしているな、と思いました。とにかく声が独特で鋼鉄のような強さを感じたのです。メジャー・デビュー前なのでまだデモ・テープでしたが13曲全曲聴いてみての感想は「いける」でした。
「Woman」などのカバーを自分のものにしてしまう歌唱力もさることながら、オリジナルの「今人」(イマジン)を聴くとメッセージがあって、シンガー・ソングライターとしても非凡な才能であることがすぐにわかりました。「これだったら……」そんな想いが強くなりました。と同時に、会ってみたい、と思ったので、私がパーソナリティーを担当しているFM NACK5の〈Age Free Music!〉にゲスト出演してもらうことにしました。会って話をしてみて、自分なりのビジョンを持ったアーティストだなと思い好感を持ちました。かつてはバンドやユニットをやっていてロックでしたが、やがて伝えるためには歌が必要だということを悟り、今の自分のスタイルにたどり着いたという彼の話を聞いてクレバーなアーティストだと思いました。
 CDを聴き、本人に会ったら、後は本物かどうか確かめたいと思いライブに行くことにしました。〈川島ケイジ Special One Man Live vol.2〉が4月25日(月)に目黒のブルース・アレー・ジャパンで行なわれました。
 前の仕事がおして30分程遅れて会場に着いてびっくりしたことは超満員だったということ。そして、さらに驚いたことはお客さんの〈熱気〉が高かったということです。これは付き合いできているのではなく〈本当のファンが来ているのだ、ということが実感としてわかりました。ともかく川上ケイジというアーティストには人を惹きつける魅力があるのです。華があると言ってもいいでしょう。歌の魅力もさることながら、しゃべりを通してのキャラクター、またパフォーマンスを通してのパーソナリティーなど、そういうもの全体が見事に備わっている。つまりは〈スター性〉があるということです。
 1部が終わりブレイク・タイム。2部のオープニングはいきなり私が注目していた「今人」でした。正直に言って、「え、ここでもうこの曲やっちゃうの?」と思いましたが、他に続く曲も負けてはいないレベル……ということでなかなか内容の濃いライブでした。夏過ぎにはメジャー・デビューするということですが、将来有望なニューカマーです。この目で見、この耳で聴き、そしてこの心で感じたのだから間違いはないと思います。川上ケイジに注目して欲しいものです。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2016/06/13 Mon. 11:17 [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。