09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

ないものねだりよりも、自分の中に眠っている才能を引き出して磨くことの方が大切です! 

 ないものねだりはしない方がいい、と思います。しかしながら、わかってはいても、ついないものねだりをしてしまうのが人間なんです。何でこんなことになってしまうのでしょうか? それは自分に対して甘いからでしょうか……。
 ないものねだりといえば、私もそんな中のひとりです。私の場合は、最近は特にゴルフにおいてです。平均アベレージが100前後というヘボ・ゴルファーですが、スコアはおいておいて、私のコンプレックスはドライバーが見事なまでに飛ばないということです。思い切り芯を食って、やっと200ヤードと言ったところでしょうか。ですから、飛ばす人には40ヤードから60ヤードもおいていかれてしまいます。ドライバーを打って、2打目を打つとき、あまりの飛距離の差にガク然とさせられるのは、みじめ以外の何物でもありません。飛距離が出ない、ということは、何でこんなにみじめなんでしょうか。男のプライドか何かわかりませんが、とにかくスコアのことはおいておいて、まずはドライバーの飛距離の差で“勝ち組”と“負け組”に分かれてしまうのです。残念ながら、私は“負け組”のひとりです。
 もちろん、飛距離を出すためにフォームの改造もしてみました。コーチに付いて習ったこともありましたが、何をしてもヘッドスピードがあがらないのです。飛距離は力ではなくてヘッドスピードとよくいいますが、ことドライバー・ショットにおいてはヘッドスピードがあがらないのです。一生懸命に練習をしない、ということもいけないのですが、とにかくドライバーが飛ばないというのが私のコンプレックスです。
 しかし、最近はもう開き直ってしまいました。どうせ飛ばないドライバー・ショットにくよくよしていてもしかたがありません。どうせ飛ばないのなら、飛ばなくてもいいからせめて真っすぐに飛べばいい、と考え方を変えたんです。どちらかというと、私のフォームはコンパクトでアイアン・ショット向きです。だいぶ前から、手前ミソですが、1打目・ドライバー・ショット、2打目・フェアウェイ・ショットは三流だが、100ヤード以内のアプローチ・ショット及びパットはシングル・プレイヤーと呼ばれています。どういう訳か、ピッチングを握ると自信が出てきます。100ヤード以内ならワン・オンのツーパッドでボールを沈める自信があります。ある日、だとしたなら、と考えたんです。どうせ下手なドライバー・ショットはあきらめて、得意なアイアン・ショットをもっと磨こうと……。いくら短くても1打は1打ですから……。スコアをまとめるには、刻んで手堅くまとめた方がいいのです。
 私のコンパクトなフォームはアイアン向きということで、2打目を打つとき、ぶれ易いフェアウェイ・ウッドはやめて、アイアンを打つ感覚で打てるコーティリティーの5番、7番に替えました。そうしたら2打目が見違えるように真っすぐに飛んで、150ヤードから180ヤードを飛ばすことにも自信がついてきました。ないものねだりにすがるよりも、自分の得意分野を生かした方が、自分ならではのことができる、とゴルフから学びました。隣の芝生、ではありませんが、ないものねだりをしていてもいいことはひとつもありません。それよりも自分の中で眠っている潜在的能力を引き出して磨くことの方が大切なのです。眠れる才能を引き出していくことが自分を生かすことなのです。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2007/11/07 Wed. 15:48 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/46-7d8e8b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。