03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

達成感を得たいという気持ちが頑張るエネルギーを生み出す! 

「頑張れ!」とか「頑張って下さい」という言葉を、私たちはひんぱんに使っていますが、本当にいいのでしょうか?最近、ふとそんなことを考えてしまいます。なぜかというと、自分も他人に言うかわりに、自分も他人からよく言われるからです。しかし、「頑張って下さい」と言われて、頑張れるかというと、そう簡単なものではないのです。
 身近なところでは、ダイエットをしてやせたい、という目標があります。そのためには相当頑張らなければなりません。食べたいという食欲を抑えてがまんするためには、精神的にかなり頑張らなければなりませんし、運動をしてやせようとしている人は何かを決めてやり続けなければなりません。これもやり続けるという努力と頑張りが必要です。
 ということで、「頑張って下さい」と言われても頑張ることはなかなかできないのです。だが、そんなことを言っていたら何もできません。では、どうしたら頑張ることができるのでしょうか? そのためには目標を設定して、その目標を達成したら何か“ご褒美”を出すことです。たとえば、誰かと賭けをして、何月何日までに何キログラムやせたらいくらもらうとか、逆に達成できなかったら罰として本人がいくら払うとか……。こういう賭けはよくあることで、この場合、目標が設定されているし、なおかつ“ご褒美”もあるからわかり易いので頑張りがいがあります。
「働くみんなのモチベーション論」(NTT出版)の著者・神戸大学教授・金井壽宏さんは、人は何か“ご褒美”をめざして頑張る傾向がある、と言います。そして、ご褒美には他人から与えられる“外発的報酬”と、内から突き動かされる“内発的報酬”の2つがある、とも言います。先程のダイエットの賭けの場合は、さしづめ他人から与えられるものですから“外発的報酬”でしょうか。確かに、賞金があったり、海外旅行や高額の電化製品が付いていたり、昇給、昇進、ボーナスなどが付いていると、それを目あてに人は頑張る気になります。なんとも現金なものですが、そんな人間の欲望があるからこそ、そこを刺激させてやる気を出させることは間違いではありません。しかし、全部の目標に達成したら報酬がついているものではありません。受験シーズンですが、受験などはその最たるものです。合格したからといって賞金がもらえる訳ではありません。だとしたら、頑張ろうという意欲をどう持続させたらいいのでしょうか? こういうケースの場合、外発的報酬ではなくて“内発的報酬”が必要なんです。内発的報酬とは、達成感とか成長感とか、自己実現とか、本人の心の達成感が得られるかどうか、ということです。
 人はなぜダイエットをするのでしょうか? 太っていても他人に迷惑をかける訳ではないし、本人が気にしなければ別にいいことです。でも、やせてスマートになりたい、という自分なりの達成感を味わいたいと思ったならば、その達成感を得たいという気持ちが頑張ろうというエネルギーを生み出すのです。受験だってそうです。一流大学、一流高校に入りたいという欲があったら、その欲を満たすためには合格したときの“達成感”をイメージして、そのために頑張るのです。そんなふうに考えると、人が本当に心の底から頑張ろうと思えるためには、達成感を得たいという内から突き動かされる“内発的報酬”が最も重要です。あなたは何に達成感を感じることができるでしょうか……。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2007/01/23 Tue. 14:10 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/5-83852de7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。