08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

きびしい現実を“優しく”させるには、自分の見通しを辛くすることです! 

 産経新聞に「断」というコラムがあります。2008年3月14日(金)付けのコラムを医師であり作家の久坂部羊さんが「最悪の説明の効用」というお題で書かれていました。このコラムにドキッとさせられる箇所がありました。それは以下の通りです。
〈今は少しでも危険のある治療や病気の説明は、実際以上に悪く言うことが多い。危機管理とは最悪に備えることだ。希望的観測は相容れない。できるだけ悲観的に見ていたほうが、現実は人に優しい。〉
 まったくその通りだと思います。特に〈できるだけ悲観的に見ていたほうが、現実は人に優しい。〉というフレーズには、瞬時にしてハートを奪われてしまいました。なぜかというと、確かにその方が“現実は人に優しい”と思うからです。
 私たちはともすれば、現実という壁にぶつかったとき、はね返されたり押しつぶされたりします。その意味では、まさに現実は人にきびしいのです。だが、本当にそうなのでしょうか?と、私は心の片隅でいつも思っています。でも、それは裏を返せば、私たちが現実を甘く見すぎていた、ということに対するしっぺ返しでもあるのです。
 人は弱い生き物ですから、ことさら自分のことになると、甘く思いたがる傾向があります。本来は最悪な状況を想定して危機管理にあたらないといけないのに、何とかなるだろうと勝手に甘く考えて事を運んでしまう。その結果どうなるのかというと、甘く考えていたようには事は運ばなくて、結局のところ“最悪”の事態が訪れてしまうのです。当然のことながら、甘くはなかった現実はきびしいということになります。
 しかしながら、冷静に考えてみると、現実がきびしいのではありません。現実を甘く見ていたからこそ、私たちの方の見通しが甘かったのです。現実はきびしい、と現実に責任を転嫁することではなくて、自分が甘かったのだ、と真剣に受けとめて反省をするべきなのです。さもなければ、いつまで経っても現実はきびしい、と逃げているばかりで何も変わらないでしょう。
 最近、危機管理の必要性が言われますが、危機管理とは最悪な事態に備えて、それを乗り切るようにする、ということです。言うまでもなく、最悪の事態が起きたと仮定して、その中で何ができるのか? そして、何をするべきなのか?ということをできるように準備しておく、ということです。
 何事もそう簡単に事はいい方向には進みません。だからこそ、1から5くらいまで打つ“手”を考えておくべきなのです。1がダメだったら2、2がダメだったら3……。それでもダメだったら最悪は5、もうこれ以下はないところでも最後は決める、という気持ちがないと長くは続かないと思います。そんなことを考えると、始めから最悪の状態を予想した方がいいかもしれません。そうすれば、思いがけなく、それ以上にできた場合は“奇跡”になるからです。そうすれば、きびしい現実も“優しい”現実になるのです。きびしい現実を“優しく”させるには、自分の見通しを辛くすることです。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2008/03/19 Wed. 16:32 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/65-bc63c061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。