03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

どうせダメもとなんだから、言った者勝ちを狙うべきです! 

 何事においてもそうですが、ダメもとで頼んでみる、ということが基本です。
 実は自分は頼んだつもりでも、相手はそうは思っていないことが多いのです。これはどういうことかと言いますと、確かにプレゼンをしていることはしているのですが、具体的にどうして欲しいのか言っていないので、結局のところ、相手の立場からすれば、何も頼まれてはいないのです。
 音楽評論家という仕事柄、私の所には定期的にレコード会社、プロダクションから新譜CDの資料が山のように送られてきます。また、局担と呼ばれるラジオ局担当のプロモーターからも毎週のように資料をもらいます。両者共に新譜CDのプロモーション用ということですが、そんなことは百もわかったうえで言うのですが、ただ資料を宅配便で送っても、直接手渡しで届けたとしても、何をして欲しいのか、言わないと、「わかった。聴いとくよ」ということで終わってしまう、ということです。
 なぜ終わってしまうのか? それは頼まれていないので、答えを出す必要がないからです。これが「ゲストでお願いしたいのですが……」と言われると、こちらは筋として返事をしなければなりません。すなわち「YES」と言うか、「NO」と言うか、はたまた、「NO」ではあまりにも失礼なので、「ゲストはきびしいが、曲をかけて紹介しよう」とかと具体策を示さなければなりません。つまり、何が言いたいのかというと、「こうして欲しい」という“条件”を出して初めて“交渉”の入口となるのです。“条件”を出さないということは、入口にすらたどり着いていないということなのです。はっきり言って、仕事になっていない、ということです。
 あまりにも身近な例で恐縮ですが、女性を食事に誘ったとき、「ごちそうさまでした」と言って帰ってしまう女性に対して、「何だ?」と怒る男性がいますが、いかがなものか?と思います。食事に誘って、それから具体的に「こうして欲しい」というお願い事をしたのでしょうか? たぶん、していないと思います。だとすれば、何も頼まれていない女性の方は、「YES」「NO」という返事する必要がないので、さっさと帰ってしまうことになります。それに対して、怒る方が筋違いというものです。
 いずれにしても、どうせダメもとなのですから、まずはお願い事をすべきです。そうすれば「YES」かもしれないし、そうなればラッキー以外の何物でもありません。よしんば「NO」だとしても、それはそれでいいではありませんか。どうせダメもとなのですから。それより確率の高いのは、面に向かって頼まれたときに、ほとんどの人は「NO」とは言えないのです。だから、全面的に否定するのではなく、必ずや“代案モを出してくれるということです。こうなれば、言った者勝ちです。ビジネスとしたら、どうせダメもとなんだから、言った者勝ちを狙うべきなのです。物を言えないということは逃げているのです。逃げるのは心が弱いからです。心を強く持って、ダメもとで言った者勝ちになって下さい。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2008/06/18 Wed. 14:22 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/78-83db6f83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。