07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

「こうしたい」と思ったら「こうすればいい」という“アイデア”をまず考え出すことが大切! 

 チャレンジをする前に「どうせできやしないだろう」とあきらめてはいないでしょうか? なぜ、チャレンジをする前にあきらめてしまうのでしょうか?
 確かに「やろう」と思っても「できやしないだろう」と弱気になってしまうことはあります。先例がないかとか、歴然と今あることに対して、それを壊してまでしてできるはずがない、とか理由はいろいろですが、要は“弱気”になってしまっているからです。
 その意味では弱気の虫をまず退治しなければなりません。そのためには、自分が本当にやりたいのか?を自分自身に確かめる必要があります。もちろん私にも今やりたいと思っていることはあります。だいたいの構想はできています。そこでこの構想に興味を示してくれている人に会うことになります。だいたい、このときにふと“弱気の虫”が生まれるのです。なぜか?というと、自分なりの考え方が固まっていないことに気がつくからです。いや、気づかされてしまうといった方が正しいでしょう。
 こちらがだいたいの構想を話した後に、相手は必ずこう尋ねてきます。「ところで、アイデアはあるんでしょうか? あったら具体的に話してくれませんか?」
 このときです。ポイントは……。こう尋ねられたときに、待っていましたとばかりに、具体的に「こうしたい」というアイデアを言うことができたら最高なのですが、ほとんどの場合は、まだアイデアが煮つまっていないので、どうしても抽象的な話になってしまいがちです。すると当然ながら、そのアイデアを検討することはできません。つまり、こちらに具体的に「こうしたい」というアイデアがないかぎり、相手から「こうしよう」という提案もないのです。その結果どうなるのか、というと「お互いにちょっと考えてみましょうか。で、後日また改めてということで……」ということになります。
「やってやろう」と勇んで出かけてはみたものの、話は保留ということになり、「ひょっとしたら、できないかもな」という思いが湧き起こり“弱気”になってしまうというわけです。このことから、なぜ弱気の虫がおきてしまうのか?という要因がわかります。それはこちら側に、「こうしたい」という確固たるアイデアがないので、当然のことながら「やってやる」という信念も生まれてはいないのです。
「こうしたい」と決めたら、そのためには「こうするべきだ」という戦略を考えて、さらに「こうしなければならない」というアイデアを考える必要があります。これが全てできあがってこそ、相手に自信を持って自分の“アイデア”をぶつけることができるのです。そうすれば途中で“弱気の虫”がおきて「あきらめてしまう」ことなんてないはずです。「こうやりたい」と思うことは誰でも簡単にできます。しかし、それをやり遂げるには“アイデア”という形に煮つめなければなりません。その煮つめる作業ができるか否かに成功のポイントはあるのです。
「こうしたい」と思ったら「こうすればいい」という“アイデア”をまず考え出すことが大切です。このことを肝に銘じてチャレンジをすることです。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2008/06/24 Tue. 16:53 [edit]   TB: 0 | CM: 1

go page top

コメント

当に今の自分の仕事で言われてるような
気がしてなりません。

そして自分の夢の実現も
具体策、戦略
煮詰めたら、怖がらないで
まず動いてみるということですね。
私なりに剥けそうです。

まるきち #- | URL | 2008/06/24 Tue. 23:24 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/79-e1a96d9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。