03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

CDが売れないのは“音楽愛”が足りないからです! 

 CDが売れないと言われていますが、CDが売れない、のではなく音楽に愛情を持っている業界人が少なくなっているので、音楽が伝わらないのではないでしょうか?
 音楽、シンプルに歌と言いますが、歌を聴いたら、好きか嫌いか、はたまた自分にとって“いい歌”かそうでないかは瞬時にしてわかります。もしも“いい歌”だなと感じたら、「これはいい歌だから他の人にも聴いて欲しい」と思うのが自然の流れです。私は毎月100曲以上の新譜シングルを聴いていますが、「これはいい!」と思える歌にめぐり逢ったときは、何とかしてたくさんの人たちに聴いて欲しいと思います。それでどうするのか、と言いますと、自分が持っているメディア(新聞、雑誌、ラジオ、テレビ)を駆使して、とにかく曲をオンエアするなり、コメントを発信します。それが音楽評論家である私の“使命”だと確信しているからです。そのときの価値判断の基準は、あくまで自分で聴いてどう思ったのか、という自分自身の判断です。タイアップがどうのこうのといった付加価値は判断の材料には入れていません。そんなことは、歌の評価に何の関係もないからです。要は、その歌、音楽に対して“愛”を感じるか否か、ということが全てなのです。正直に言って、今私たちに欠けているのは、この“音楽愛”ではないでしょうか? 歌を聴いて、“愛”を感じるかどうか? ここが最も大切なのです。“愛”を感じたら、どうしたらいいのか、自ずと明白なことです。自分のやるべき“使命”を果たすことです。
 制作プロデューサーはいい作品ができたら、その音楽の魅力を、自社の宣伝担当なり営業担当に熱く語ります。そして宣伝及び営業担当はそんな制作担当の“熱い想い”を受けとめて、それぞれのメディアやCDショップに、今度は自分なりの想いを届けます。そして次の展開は、それを受けたメディアなりCDショップの担当者が、それに賛同して、自分にできること、つまり“使命”を果たす、ということです。ということは、つまり、いい作品ができあがれば、その作品を作ったアーティストの“熱い想い”は担当者、メディアを通じてユーザーに確実に伝わるはずなのです。
 しかし、現実はそうはならないのです。タイアップが付いていないと、担当者もメディアも動きません。いかがなものか?です。タイアップが付いている売れそうな曲、換言すれば“勝ち馬”には乗るけれども、いい曲という“理念”には乗れない、つまり“音楽愛”がないのです。“音楽愛”の欠如がCDを売れないようにしているのです。残念なことです。
 そこでリスナーの皆さんにお願いです。皆さんにも“音楽愛”を貫いて欲しいということです。もしも気に入っている曲やアーティストがいたならば、できる範囲でかまいませんから行動を起こして欲しいということです。エコではありませんが、頭の中で思っていても、自分が行動を起こさなければ何も始まらないのです。どうせ私ひとりがやらなくたって……ということは一番いけません。気に入った曲、アーティストがいたら、まずは友だちに教えてやって下さい。それからラジオや有線放送にリクエストをして下さい。あなたの行動が必ずリクエスト・チャートという形になるのです。<WEEK-END PARTY>(NACK5・毎週土曜24:00~27:00)にもリクエストをお願いします。ちょっとしたことの積み重ねがヒット曲を生み出すきっかけになるのです。“音楽愛”に乾杯です。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2008/09/02 Tue. 10:31 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/89-3b4565ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。