06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

いい歌だったらリスナーのハートを直接に奪ってしまう。タイアップなどというクライマックスシリーズみたいなものは本当は必要ないのです! 

 巨人と阪神がデッドヒートをして、セ・リーグの優勝争いは大いに盛り上がっています。巨人が13差から阪神をとらえて、さあ世紀の大逆転優勝のはずですが、心から一喜一憂できないのはなぜなんでしょうか? それはたとえ優勝しても、次にクライマックスシリーズが控えていて、日本シリーズまで進むのにもう一勝負あるからです。正直に言って、ここがしらける要因です。
 1年間かけて144試合を戦うという長いリーグ戦で勝ち抜いて優勝しても日本シリーズに行けないという現行の“制度”は矛盾だらけです。その証拠に、去年のセ・リーグ優勝はどのチームか覚えているでしょうか? 日本一は中日でしたが、優勝は巨人でした。でも、私たちの記憶の中では、残念ながら巨人優勝は忘れ去られてしまっています。なぜかというと、優勝はしたもののクライマックスシリーズで負けてしまったので日本シリーズに出られなかったからです。
 去年のそんな悪夢を考えると、たとえ巨人が大逆転優勝をしたとしても、クライマックスシリーズでよもや負けるようなことがあれば、それこそ“世紀の大逆転優勝”は誰の心の中にも残らないことになります。かつての長嶋巨人の11.5差を逆転しての“メークドラマ優勝”は今なお語り継がれている野球史にさん然と輝くドラマです。そして、今年の大逆転劇も、もしもこれが成れば、“メークドラマ”を超える球界最高のドラマになるはずなのです。しかしながら、そうはならないということだけは現実です。
 なぜ劇的なドラマが成立するのかというと、それが“最終ゴール”だからです。優勝という最終ゴールだからこそ、私たちは興奮するのです。ふつうは“リーグ戦”で勝ったチームが優勝です。しかし、クライマックスシリーズがあるおかげで、リーグ戦の上位3組がクライマックスシリーズへ進める権利を得る、ということですから、これでは3位以内に入ればいいというようなもので、リーグ戦そのものが一次予選みたいなものです。そしてセ・リーグ、パ・リーグのそれぞれのクライマックスシリーズがセミ・ファイナルで、日本シリーズがファイナルです。こんな制度ではリーグ優勝の価値はない、と言っていいでしょう。はっきり言って、何かおかしいよな、としか思えません。
 144試合も6チームが命がけで戦ってきて初めて手にした“リーグ優勝”という栄光が、クライマックスシリーズへ進める権利のみ、とするならば、これまでの144試合はいったい何だったのでしょうか?
 野球人気が落ちたので制度を変えて作ったクライマックスシリーズ。制度を変えるということは、下手をすると野球の原点を失ってしまう危険性も孕んでいるのです。今年の巨人と阪神のデッドヒートこそ、野球本来の面白みです。要は、制度ではなくて、試合の内容こそが重要なのです。見ていて、心わくわく、うきうきするような内容の試合を見せてくれることがプロなのです。これは何も野球に限ったことではありません。音楽も同じです。タイアップ付きだから売れるとか、そんな“制度”的なことはどうでもいいことです。要はいい歌でありさえすれば歌が持っている“歌力”で、必ずや私たちのハートに侵食してくるはずなのです。いい歌だったらリスナーのハートを直接に奪ってしまう。タイアップなどというクライマックスシリーズみたいなものは本当は必要ないのです。
スポンサーサイト

category: 俺が言う!

2008/10/06 Mon. 15:42 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/tb.php/94-760079cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。